債務整理後の借金を滞納してしまった場合

  • 公開日:

借金を債務整理によって減額した後に、残った借金を滞納してしまうとどのような状況に陥るのでしょうか?

債務整理をした後に借金を滞納したらどうなる?

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」という手続きがありますが、自己破産以外の債務整理の場合は借金は減額されますが、0になるわけではありません。
とは言っても、利息がカットされるので借金返済の負担は軽くなります。

しかし、その残った借金の返済を滞納してしまった場合どうなるのでしょうか?
個人再生をした後の借金の滞納に関しては下記の記事で詳しく紹介しています。

≪参考≫「個人再生をした後に返済できない状況に陥ったら

ここでは任意整理をしたにも関わらずその後また借金を滞納したケースについて紹介しましょう。
任意整理をする際は債権者との和解によって毎月無理のない範囲で借金の支払額を決めて借金の返済をしていると思いますが、予測できない怪我や病気によってその返済ができないという状況も考えられます。

債務整理をした後に借金の返済を滞納した際に考えられる状況は以下の2つです。

・残りの借金に遅延損害金を足しての一括請求
・給与の差し押さえなどの強制執行

これは、任意整理をした際の和解契約の「期限の利益の喪失」にあたるためです。

期限の利益って何?

期限の利益というのは、期限が定められていることによって債務者が受ける利益です。

具体的に言えば借金には通常返済の期限が設定されていますが、債務者はその起源が来るまでの間は借金を返済する義務はなく、取り立てや催促を求められることはありません。

つまり期限の利益の喪失は債務者の上記のような権利を失うことを意味します。

しかし、1ヶ月返済を滞納・遅延したからと言ってすぐに上記のような状況になることはありません。

2ヶ月以上の滞納に対して貸金業者側は期限の利益の喪失を理由に一括請求ができるのでもし、今月を乗り切ればなんとか元通りに返済ができるという場合は、返済が困難だとわかった早い段階で貸金業者の担当者や債務整理を依頼した弁護士に連絡をしてなるべく早く対応すれば逃れることができます。

借金を抱えている人に多いことですが、業者側から連絡が来るまでとりあえず放置していようと考えていると、連絡が来た時には「時すでに遅し」となっている場合もあります。

もう一度言いますが、「今月はちょっと返済がヤバいかも・・・」と思ったら速やかに業者側にその旨を伝えるようにしましょう。

まとめ

滞納したら即OUTにはならないが、延滞・滞納の相談は速やかに行う

【関連記事】
借金の一括返済ができない時に請求がきた場合の対処法

任意整理後の借金の返済を2ヶ月以上滞納してしまう場合

業者によっては2ヶ月程度の滞納も許容してくれる場合もありますが、それ以上の滞納ということになればさすがに和解契約が契約不履行として破棄され、一括請求や遅延損害金の請求となり止まっていた催促もまた始まってしまう可能性が高いです。

長期間の滞納の場合は任意整理で借金の返済を続けていくことは不可能となります。
そうなった場合は債務整理でも「個人再生」か「自己破産」しか手段はなくなってしまいます。

この時、借金の返済状況によっては任意整理を担当してもらった弁護士が辞任し、また新しい弁護士事務所を探さなくてはいけない状況になることも考えられます。
上記のように任意整理後の返済を滞納した場合に弁護士が辞任することを「完了辞任」と言います。

例えば、債務者と連絡が取れなくなったり、弁護士に内緒で新たに借金を増やしていた場合などに弁護士が完了辞任することがあります。
もちろん、引き続き個人再生や自己破産の手続きをサポートしてくれる可能性もあります。

もし代理人が辞任してしまった場合辞任通知が届きます。
弁護士の辞任通知は債権者にも届くので辞任通知が届いたら取り立てを再開することになります。

新しい弁護士を探さないと自分で債権者の対応をしなければいけなくなってしまいます。
このような場合、一気に状況が悪化するケースもあるので速やかに弁護士を探さなければいけません。できれば相談をしたらすぐに対応を取ってくれる弁護士に相談しましょう。

天音総合法律事務所では、ご相談者様の状況を把握し、スピーディーに対応することを心がけておりますので、取り返しがつかなくなる前に、ご相談ください。

借金は大丈夫そうだけど、税金の支払いが厳しい場合

任意整理をした後に借金の返済は楽になったけど滞納を続けていた税金の支払いが厳しい・・・というのはよくあるパターンです。税金の滞納も延滞金が発生すればカードローンやキャッシング並みの延滞金が発生します。

ただ、税金は他の借金と比べれば相談に行って支払いできない理由を丁寧に話していけば支払期限の延長や延滞金の減免などが受けられる場合が多いです。反対に滞納したまま放置していればある日突然強制執行に遭うので注意しましょう。

【関連記事】
滞納している税金も債務整理をすれば払わなくていいの?