債務整理後の借り入れやローンはいつからできる?

  • 公開日:

債務整理後 借り入れ

債務整理をすると、クレジットカードやローン、借り入れの審査の際に金融機関が照会する「個人信用情報」に事故情報が記載されてしまう、いわゆるブラックリストの状態になってしまうことはほとんどの方が知っているかと思います。

当然、信用情報に事故情報が記載されていると、クレジットカードの作成や、ローン・借り入れの際の審査には通りません。しかし、債務整理後にいつまでの事故情報が記載されているわけではなく、債務整理後にある程度の期間が経過すると事故情報は消えます。

では、債務整理後に信用情報から事故情報が消えるまではどれぐらいの期間なのでしょうか?一般的に債務整理でも任意整理であれば5年、個人再生・自己破産は10年と言われています。

この記事では、債務整理後に借り入れやローンが組めない原因や、債務整理後に急にお金が必要になった場合の対処法などについて紹介しているので参考にしてくださいね。

債務整理後に借り入れやローンができない原因は?

任意整理から5年経過しているのに、ローンや借り入れはおろか、クレジットカードも作れない人もいます。債務整理後に目安となる5年・10年経過しているのに借り入れができない、クレジットカードも作れない原因は3つあります。

①事故情報が削除されるタイミング

まずは、信用情報から事故情報が消えるタイミングです。
信用情報といっても、「JICC(日本信用情報機関)」「CIC(シー・アイ・シー)」「KSC(全国銀行個人信用情報センター)」の3つがあります。
債務整理をした場合に事故情報の登録⇒削除がいつされるか?は明確に決まっているわけではありません。

一般的には下記のように言われています。

債務整理 信用情報への影響

JICCに関しては、事故情報が記載されるのが受任通知が発送されてから~和解に至るまでの期間なのでここだけを見ても数か月のタイムラグが発生している可能性があります。またCICの場合は債務整理だけでなく、3ヶ月以上の滞納も借金を完済してから5年間は事故情報として記載されます

しかも、上記の期間が経過しても削除されていなかったケースも存在します。
(その場合は信用情報機関に自ら連絡をして削除してもらうことが可能)

CICの例で言えば、任意整理や個人再生の場合、3年程度で残った借金を返済していく手続きなので、少なくとも8年間程度は事故情報が残るのでクレジットカードの作成や借り入れができない状態となります。

クレジットカード会社や消費者金融、銀行などは上記の信用情報機関の少なくとも2つ、銀行系などは全てに加盟していることが多いので、信用情報に事故情報が記載されているブラックの間は借り入れやローン、クレジットカードの新規作成は難しい状況となります。

自分の信用情報に事故情報が記載されているかどうか?はインターネットで他人の情報を集めるより、直接上記で紹介した信用情報機関に照会するのが一番早くて確実です

②単純に審査に通らない

借り入れやクレジットカードの審査は何も信用情報機関の事故情報の有無だけではありません。
当然仕事先や勤続期間、収入なども影響してきます。
これらの条件をクリアしていないと借り入れやローン、クレジットカードの作成はできません。

債務整理後の審査で特に注意したいのがスーパーホワイトと呼ばれる状態です。債務整理後はすでに何度も紹介したように借り入れやローン、クレジットカードの作成ができません。なので仮に事故情報が削除されたとしても、あなたの信用情報にはそういった類の情報が一切記載されていない=スーパーホワイトの状態となっています。

誰もが一番最初はスーパーホワイトの状態ですが、さすがに30代でスーパーホワイトだと、審査をする側も「債務整理したからじゃないの?」と疑われてしまう可能性があります。それを避けるためには新たにクレジットヒストリーを作っていく必要があります。

もっとも身近な方法は携帯電話の本体の分割購入です。
このように債務整理後にはまた一から信用を積み重ねていくことも重要です。
ちなみにクレジットカード会社や消費者金融の中にも審査が厳しい会社と比較的緩い会社があるので申し込みをする場合はできるだけ審査の厳しくない会社を選んで申込みをするといいでしょう。

借り入れの場合は大手消費者金融ではなく、中小消費者金融がおすすめです。

一つ注意したいのは、所構わず審査の申し込みをすることです。
審査の申し込みも記録に残るので、複数のカード会社や消費者金融などに申し込むとそれが原因で審査に通らない可能性もあるので審査に通らなくても2、3ヶ月は間を空けるか、信用情報を確認してから申し込むようにしましょう。

③社内ブラックになっている

最後に債務整理後に信用情報機関から事故情報が消えているにも関わらず、クレジットカードが作れない、借り入れができない状況として考えられるのが社内ブラックです。

クレジットカード会社や消費者金融は、信用情報機関とは別に会社内だけで保管する顧客情報があります。例えば、債務整理のした時の借り入れにアコムが含まれていた場合、債務整理後に事故情報が削除されてもアコムの審査に通ることはほぼないでしょう。

このように金融会社は独自のブラックリストも作っています。
債務整理をした場合はもちろん、審査に落ちた場合にその理由をしつこく聞くなどした場合でも社内ブラックとして登録されてしまうので注意しなければいけません。

社内ブラックは基本的に削除されないのでその金融機関からの借り入れはもちろん、クレジットカードの作成などもできなくなってしまいます。

もし、債務整理後に一定期間が経過しているのに借り入れができない、クレジットカードが作れないという方は上記の項目を確認してみてくださいね。

債務整理後に借り入れしたい場合の対処法

では、まずは債務整理後に借り入れをしたい場合の対処法から紹介していきましょう。

①家族名義で借り入れやローンを申し込む

債務整理後にまとまったお金が必要な場合は家族名義で借り入れやローンに申し込んでみましょう。債務整理をした場合に信用情報に影響がでるのは本人のみです。なので配偶者や親子であれば借り入れをしたり、ローンを組むことが可能です。

子どものための教育ローンであれば配偶者名義で申し込めば審査に通る可能性がありますし、住宅ローンであっても配偶者にある程度の収入があって条件を満たしていれば申し込むことができます。当然家族からの信用があることが前提の話ですが、過去の事故情報だけがネックとなっている場合は相談してみれば応じてくれる可能性も高いのではないでしょうか?

②公的機関の貸付制度を利用する

公的機関の貸付制度が利用できる場合は申し込みをしてみるのも一つの方法です。
公的機関の貸付制度は金融機関の事故情報などはあまり関係ないので債務整理期間中でも借り入れができる可能性があります。

ただ公的機関の貸付制度は何かしらの条件が必要になるケースがほとんどです。
例えば、生活に困窮している、母子家庭、父子家庭、年金で暮らす高齢者、公務員など。
また審査に時間を要する場合が多いのですぐに借り入れができるかと言えば難しい方法です。

③日払いの仕事を始める

借り入れとは違いますが、数千円・数万円程度であれば借り入れを考えるよりも日雇いの仕事を増やして現金収入を得たほうが今後のことを考えるならおすすめです。

最近は面接不要でWEBから申し込みをしてその日に現金手渡しで働けるアルバイトの求人もあるので1万円ぐらいであれば即日収入としてゲットできます。なので借り入れがしたいけどそんなにまとまった金額ではない場合はそのようなアルバイトで一時的に収入を増やして対応する方法を検討してみましょう。

④質入れ

一時的にお金が必要で返済できる金額なら質入れもありです。
知っている人も多いとは思いますが、質入れはブランド物やジュエリーなどを持っていき、その鑑定額に応じて借り入れができるシステムで当然審査などはありません。(身分証明書は必要です)

有名な質屋を例に挙げると、
30万円~100万円未満の融資の場合月利は1.5%に設定されています。(2020年9月現在)

質入れの返済可能期間は当日~最長3ヶ月に設定されています。
この質屋の場合は利息を支払えば、1ヶ月ごとに保管期間を延長できます。

もちろん、返済すれば質入れした商品は戻ってきますし、返済できなければ質流れとなります。
長期的に考えると質入れは消費者金融などと比較すると金利が高いですが、初月無料キャンペーンなどを行っている質屋を上手に利用すれば、短期の借り入れが必要な場合は有効だと思います。

※闇金には要注意!

債務整理後の借り入れで闇金を検討している方もいるかもしれません。
債務整理後の借り入れで検索をすると「債務整理中でもブラックでもOKな消費者金融」のようなサイトが出てきて、サイトの中には「※闇金ではありません」といった文言を見かけますが、何をもって闇金か?の違いだけでブラックな業者であることには変わりありません。

特徴としてはその業者のホームページを見て、連絡先はもちろん、貸金業の登録番号もなければ違法な業者であるとみなして絶対に借り入れをしないようにしましょう。

ブラックな金融業者から借り入れを行うと金利が高いのはもちろんですが、返済できなかった場合の取り立てや催促も当然のように行われます。再度の任意整理や自己破産などは行えない可能性が高いので泥沼にハマってしまうでしょう。

中には債務整理中や債務整理後のブラックな状態でも融資可能な真っ当な金融業者も存在しますが、どちらにしても金利が高いのでおすすめできません。もし「ここは大丈夫かな?」という貸金業者があったら下記のページで検索してみましょう。

登録貸金業者の情報検索は下記のページから行えます。

https://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php

債務整理後にクレジットカードが作りたい場合の対処法

インターネット決済などではクレジットカードがないと不便ですよね。
では、債務整理後にクレジットカードを作成したい場合の対処法を紹介していきましょう。

①デビットカードを作る

デビットカードは銀行の預金口座と連動しているカードで、デビットカードを利用すると、あなたの預金口座から同時に利用料金が引き落とされます。

デビットカードの作成には審査などが必要ないので銀行口座を登録すれば作成可能です。インターネット決済や実店舗でもデビットカードが使えるお店は多いので債務整理後はデビットカードを作っておくと便利です。

当たり前の話ですが、預金残高がなければ使えないので登録した口座には現金をしっかりと入れておきましょう。

②家族カードを作る

親子や配偶者がクレジットカードを持っている場合は家族カードを作ってもらいましょう。
家族カードを作る場合には、すでに持っている本カードの家族カードを作るか、新たに本カードを申し込む際に同時に家族カードを申し込む方法があります。

申請する時の手間で考えると、本カードの申し込みと同時に行ったほうが楽です。
家族カードにも審査はありますが、基本的には「本当に家族にあたるのか?」がメインなので、自分でクレジットカードを申し込むよりも審査基準は優しいと言えるでしょう。

しかし、この場合も申し込み先のカード会社を債務整理の対象としていた場合は、家族カードであっても審査に落ちてしまう可能性が高いので注意しましょう。信用情報というよりは、こちらも社内ブラックに登録されてしまっているからです。

なので過去に事故情報がない、もしくは一度も使ったことがないカードの家族カードを申し込むのがおすすめです。ETCカードはデビットカードでは作れませんが、チャージ式のETCパーソナルカードもあるので、そちらを申し込むのもひとつの手です。