債務整理を弁護士に依頼する際にかかる費用は?

  • 公開日:

借金問題を解決する手段として債務整理を行う場合、弁護士に手続きを依頼したいと考えている方は少なくないでしょう。しかし、借金問題を抱えているので弁護士費用がいくらになるのか?はとても気になりますよね。そこで、債務整理を弁護士に依頼した場合の費用の相場を調べてみました。

債務整理の弁護士費用の相場と評判の良い法律事務所3選

まずその前に債務整理を弁護士に依頼した場合どのような費用が必要になるのか?
報酬の種類と費用の内容、支払いの形態について確認しておきましょう。

≪債務整理を弁護士に依頼する際の費用の内訳≫

報酬種類

費用の内容

支払い単位

着手金

成功か否かに関わらず受任時に支払う費用

借入先1社につき〇〇円

基本報酬

過払い請求が成功した際の成果報酬(固定)

借入先1社につき〇〇円

過払い報酬

過払い金請求金額に対しての成果報酬

過払い金請求金額の〇〇%

減額報酬

借金減額に成功した場合の成果報酬

減額金額の〇〇%

上記の表を見てもらえばわかる通り、債務整理にかかる費用は
「着手金」「基本報酬」「過払い報酬」「減額報酬」「手数料」の合計となります。
(過払い金が発生していない場合は過払い報酬は発生しません。)

もっと簡単に言えば・・・

①着手金
成功・失敗に関わらず事件の受任時に弁護士に支払う費用

②報酬
成功の程度によって弁護士に支払われる費用

③手数料
成功や失敗のない事務処理に対する費用

弁護士の報酬額には一律の基準はなく、それぞれの法律事務所が基準を作っており、債務整理の依頼内容によって金額が決定します。

なので債務整理における弁護士費用の相場はあってないようなものです。

天音総合法律事務所では、任意整理、個人再生、自己破産では、それぞれ弁護士費用を下記のように設定しています。

任意整理の弁護士費用

・着手金   1社あたり10000円~(税抜)
・報酬金   10000円〜(税抜)
・減額報酬  減額分の10%(税抜)
・過払い報酬 返還額の20%(訴訟の場合は25%)(税抜)

個人再生の弁護士費用

・着手金  住宅ローン無 550,000円~(税抜)
      住宅ローン有 650,000円~(税抜)

自己破産の弁護士費用

・着手金  550,000円~(税抜)

債務整理のご相談は無料で対応しております。まずは一度話を聞いてみたいという方は、天音総合法律事務所までお気軽にご相談ください。

弁護士と司法書士の違いは?

債務整理を借金問題の専門家に相談する際に、弁護士か司法書士のどちらに相談すればいいのか?と迷う人も多いと思います。

両者の違いは「費用」と「代理権」の違いです。

司法書士は元々は登記や供託を扱う資格なのですが、弁護士の人口が不足していることから、認定司法書士として法務省の認定を受ければ、認定司法書士として一定の範囲内で当事者の代理人となって紛争解決業務を行えます。

なので、正確に言えば「司法書士」ではなく認定司法書士となります。

両者の大きな違いは代理権です。

債務整理に限って言えば、司法書士には140万円を超える民事事件での相談・和解・交渉の権限がありません。

なので借金が140万円を超える案件は弁護士でなければ解決できません。

つまり、そもそも借金額によっては弁護士に相談・依頼しなければ債務整理ができない可能性もあります。