任意整理で信用情報に傷がついたら。生活への影響や回復までの期間

任意整理で信用情報に傷がついたときの影響や回復期間

任意整理をした場合に、自分や家族の人生にどんな影響があるのか?は
手続きをした後に後悔しないためにも事前に知っておきたいことですよね。

債務整理の中で、任意整理は特に影響の少ない手続きです。
しかし、全く影響が出ないわけではありません。
特に一番影響が大きいのは信用情報に関する影響だと思います。

この記事では任意整理をするとあなたの人生や家族にどんな影響があるのか?
項目ごとに分けてわかりやすく解説しているので参考にしてくださいね。

中には多くの人が任意整理をする前に心配しているけど全く影響がないことも
あるので正しい知識を身に着けてから手続きを検討してくださいね。

  • 公開日:
  • 更新日:

この記事の監修者

弁護士法人 天音総合法律事務所 正木 絢生 (第一東京弁護士会所属)

任意整理によって信用情報に傷がつくとどうなる?

ローンを組んだり、借り入れをしたりすると、氏名や住所等の個人情報、借り入れ内容や返済状況、支払い残高、滞納、債務整理の履歴などの情報が信用情報として記録されます。

この信用情報は、信用情報機関によって管理されており、以下の3つの信用情報機関があります。

・日本信用情報機構(JICC)
・シー・アイ・シー(CIC)
・個人信用情報センター(KSC)

任意整理をするとそれぞれの信用情報機関に任意整理をした情報が登録されます。

一般的にいう事故情報というものです。ブラックリストとも呼ばれています。
事故情報が記載されると私生活では新規の借り入れができなくなるという影響が出ます。

金融会社は、借り入れなどの審査の際に信用情報を確認しており、事故情報が載っていると基本的に審査を通さないからです。

具体的には、「キャッシングができない」「ローンが組めない」「クレジットカードが作れない」「携帯電話本体の分割購入ができない」などの影響が考えられるでしょう。

一概には言えませんが、CICはクレジットカード会社、JICCは消費者金融、KSCは銀行が加盟しているケースが多いです。しかし、クレジットカードの作成や住宅ローンの審査の場合、CICに加盟しているクレジットカード会社がJICCの信用情報も照会するといったようにこの3者間の信用情報は共有されていると言われています。

どれか一つの信用情報機関に事故情報が記載されてしまえばアウトというわけです。
つまり、クレジットカード会社の借金を任意整理するとその事故情報が消えるまで住宅ローンが組めないことになるわけです。

【参考記事】
任意整理後の住宅ローンは5年以上経過しないと組めないって本当?

任意整理だけではなく、債務整理を行ったり、借金の延滞があると信用情報に事故情報が記載されるのですが、債務整理の場合はどの手続きを取るかで信用情報に事故情報が登録される期間が異なります。

任意整理は債務整理の中でも信用情報への事故情報登録期間が短いです。
また任意整理の場合、信用情報機関によっては何も登録されないケースもあります。

上記の3つでいうと任意整理をすることで信用情報へ登録され、影響があるのは日本信用情報機構(JICC)シー・アイ・シー(CIC)です。まれに任意整理をすることで銀行が保証会社から代位弁済を受けた場合は個人信用情報センター(KSC)に代位弁済という事故情報が記載されることがあります。

任意整理後、信用情報が回復するまでの期間は?

次に任意整理によって信用情報に事故情報が記載された場合に、事故情報が消えるまでの期間(回復までの期間)について説明していきましょう。
一度任意整理をしたからと言って一生信用情報に事故情報が記載されるわけではなく、一定期間が経過すると事故情報が消えるのが一般的です。

任意整理の場合、日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)に事故情報が記載されるのですが、その期間は日本信用情報機構(JICC)の場合は弁護士に任意整理を依頼して受任通知が送られてから和解に至るまでの期間に登録され、完済から5年間はカードの作成・利用やいわゆるローンを組むことも困難になります。

シー・アイ・シー(CIC)の場合は任意整理をしてその後に借金を完済してから5年経過したら事故情報が消えると考えておくといいでしょう。信用情報を照会した際の「31.終了状況」の欄が完了となっていて、「22.報告日」となっている日付から5年経過した段階ですね。

日本信用情報機構(JICC)場合、いつ登録されたのかは個々のケースによって違いますし、タイミングがあるので受任通知が送られてから和解の至るまでの期間ということまでしか言えません。
また事故情報を登録した会社によっては完済と同時に契約情報を消去する会社もあるので必ずしも上記の期間、事故情報が残るとは限りません。

かと言って、クレジットカードや住宅ローンの審査に通るかどうか不安を抱えたまま審査を受けると落ちた時の精神的なダメージは大きいと思います。また、無闇やたらとクレジットカードやローンの審査を受けるのもおすすめできません。

なので任意整理をした後に事故情報がまだ登録されているかどうかを知りたい場合はそれぞれの信用情報機関に開示請求をしてから審査に臨むといいでしょう。

手数料は多少かかりますが、開示請求をすれば、自分の信用情報に事故情報が記載されているか簡単に知ることができます。

ちなみに、任意整理をしてから5年経過してもまだ借金が残っていて支払いを続けているという場合でも日本信用情報機構(JICC)の信用情報の事故情報は5年経過した時点で消えていますが、場合によっては上記で紹介した期間が経過していても信用情報には事故情報が残ってしまっているケースもあります。

「ブラックリストに載ったままなのはおかしい!」と思ったら信用情報機関に調査してもらうことが可能で誤っていれば情報の削除をしてくれます。ただし、信用情報の訂正や削除は信用情報機関ではなく、登録した会社にしかできないので削除までは多少時間がかかるかもしれません。誤った事故情報の削除にはお金はかからないので「手数料を払えば事故情報を削除する」といった詐欺にはひっかからないようにしましょう。

任意整理が信用情報に与える影響がなくなっても、いわゆるクレジットヒストリー(クレヒス)はスーパーホワイトと呼ばれる状態なのでクレジットカードによっては審査に通らないケースもあります。

【参考記事】
任意整理後もクレジットカードを使える?カードを更新できる?

任意整理をすると家族にも影響がある?

任意整理による信用情報への影響と同じぐらい関心度が高いのが家族への影響です。
もちろん家族に影響が出るのが嫌だという人は多いですが、それ以上に何か家族に影響が出て任意整理がバレてしまうのではないか?と心配になっている方が多いようです。

まず、任意整理を家族にバレずに行うことは可能です。

【参考記事】
バレずに任意整理できる?家族や職場に知られるケースと内緒で解決するコツ

任意整理による家族への影響としてはこんなことを心配している人が多いようです。

・子どもの進学に影響が出る
・家族のクレジットカードが使えない、申し込みできなくなる
・借金の返済が親に回る
・任意整理をしたことが近所や会社にバレて恥ずかしい思いをする

このようなケースを想像して不安に思ってしまう方もいるかもしれませんが、任意整理で上記のような家族への影響が出ることは基本的にはありません。ただもちろん注意点もあります。

そもそも、信用情報は個人単位で管理されているので自分が債務整理を行ったからといって家族もブラックリストに載るなどの影響はありませんし、任意整理は周囲に最もバレにくい債務整理なので弁護士に依頼していればまず知られることもないでしょう。

ただし、下記の二つのケースでは、信用情報に事故情報が記載されたことで家族に影響が出るケースもあります。

一つは、自分のクレジットカードの家族カードを配偶者や子どもに使わせている場合です。
この場合クレジットカード会社が与信調査で信用情報に事故情報に気付いたタイミング(更新時など)で、配偶者や子どもに家族カードとして使わせているクレジットカードが使えなくなるケースがあります。

もう一つ注意したいのは、任意整理をする借金の保証人が家族になっている場合です。
家族というだけでは影響はありませんが、保証人となっていれば話は別です。
保証人になっていると債務者に代わって借金の返済をする義務が生じます。

任意整理の場合は、保証人も一緒に債務整理の手続きに参加する、もしくは※保証人のいる借金は任意整理の対象から外すことで保証人への影響を避けることができます。

※債務整理を行う際に全ての債権者に平等に借金を返済せず、特定の債権者だけを選んで借金を返済すると通常は「偏頗弁済」という行為にあたりますが、任意整理の場合は関係なく、特定の債権者だけを選択して任意整理の交渉をすることができます。

もし、保証人のいる借金を任意整理した場合は次のような影響が出ます。

保証人の信用情報にも傷がつく

借金をする時に保証人が必要になった場合、もっとも頼みやすいのは家族ですので、家族が保証人になっている方もいるでしょう。
家族だからといって借金返済の義務はありませんが、保証人になっていれば話は別です。

任意整理をすると、保証人がいる場合は保証人に返済の請求が来ます。
たとえば、元配偶者で現在は離婚をしていても保証人であれば借金の返済義務があります。
しかし、先程も少し触れたように保証人も一緒に任意整理を行って債務者が和解内容に沿って返済をしていれば保証人が支払いの義務を負うことはありません。

ただし、この場合保証人の信用情報にも同じような任意整理の影響が出ます。また保証人に借金の請求がされる場合通常は「一括請求」となる点にも注意が必要です。
(奨学金の返済は保証人に対しては一括請求にならない)

任意整理をしても信用情報以外は影響が少ない

任意整理の影響についてまとめてみました。
ある程度注意する点はあるものの、事前に把握していれば任意整理によるデメリットの影響を最小限に留めることができるのではないでしょうか?

また、この記事で紹介した以外にも任意整理をすることで

・会社をクビになる
・年金の受給資格がなくなる
・戸籍に任意整理の情報が記載される
・就職で不利になる

上記のような影響を心配されている方もいますが、そのような影響はありません。
どのような影響があるのか?把握した上で任意整理の手続きをしてくださいね。

任意整理をすることによる影響を知りたい方は、弁護士までお気軽にお尋ねください。