任意整理すると車や住宅などの財産はどうなる?ローンが残っていたら…

任意整理をすると家や車はどうなる?

債務整理をすると、今自分の所有している車や持ち家はどうなるのか?
資産への影響を気にされる方は多いです。
これまで必死に築きあげてきたものですから当然と言えば当然ですね。

この記事では、債務整理の車や住宅に対する影響を手続き別に紹介しています。また、車などどうしても残したい資産がある場合に、残す方法についてもまとめてみたので債務整理の影響が気になる方は参考にしてくださいね。

  • 公開日:
  • 更新日:

この記事の監修者

弁護士法人 天音総合法律事務所 正木 絢生 (第一東京弁護士会所属)

任意整理をすると車や住宅はどうなるの?

債務整理の中でも任意整理は車や住宅など、債務者が所有する財産への影響が少ない手続きです。

詳しくは後述しますが、自己破産をすると保有できる財産は99万円以内の自由財産のみとされるので、それ他の財産、持ち家や車などは没収されてしまいます。個人再生の場合は資産価値が個人再生後の借金の返済額を上回らない限りは住宅を残すことができます。(車はローンの有無や資産価値による)

では同じ債務整理の中でも任意整理をすると持っている財産はどうなるのでしょうか?

結論から言えば、任意整理では自己破産のように財産が強制的に処分されるケースはなく、車や住宅などの財産を失うことなくできる手続きです。なぜなら任意整理は借金を減額する手続きですが元本に関してはしっかりと支払う手続きだからです。ただし、その財産が担保になっているような場合には財産を引き上げられる可能性があります。財産の中から自動車や住宅を例にご説明します。

任意整理を行うと、車を手放すことになるケースとしては、ローンの支払いが残っている場合が挙げられます。基本的には自動車ローンを組んで車を購入した場合、その自動車ローンを返済している間の車の所有者は購入者ではなく債権者となっているケースがほとんどなので、そのケースで任意整理をしたら自動車が引き上げられてしまいます。「所有者留保」と言いますが稀に所有者留保がされていないケースもあるので車検証の所有者の欄を確認してみましょう。

住宅ローンに関しても同じです。そう考えると任意整理をすると車や住宅といった財産を手放さなければいけないように思えますが、これは、車や住宅のローンを任意整理の対象にしてしまったケースです。任意整理の場合は整理をする債権者を自分で選択することができます

住宅に関しては下記の記事でより詳しく解説しているので参考にしてくださいね。

【参考記事】
持ち家を残して債務整理をするなら住宅ローンの有無や資産価値が大事

任意整理において借金を整理する債権者を選択するとはどのような状況なのでしょうか?

例えば住宅ローンや自動車ローンを支払っていてその他にもキャッシングやクレジットカードの残債があって任意整理を検討しているが、住宅や自動車は手元に残したい場合なら住宅や自動車のローンは任意整理の対象から外してその他の借金に対して任意整理をすれば車や住宅を残せます。その場合は住宅ローンや自動車ローンはこれまで通り支払いをしていかなければいけませんが、強制的に車や住宅を引き上げられる事態は避けられます。

しかし、冒頭でもお伝えしたような、住宅などが消費者金融からのローンの担保になっているような場合にこの消費者金融からのローンを債務整理してしまうとその住宅の価値やローンの残高によって住宅を処分しなければいけない事態も起こります。

また、任意整理でも車や住宅の資産価値(ローン残高を差し引いた額)が高く、それが債権者に知られてしまうと資産の売却を促されたりして任意整理の交渉が上手く進まないケースも考えられます。

ただ基本的には車や住宅など、残しておきたい財産に関する借金は任意整理の対象から外すと考えておけば、強制的に財産が処分される事はありませんのでご安心ください。

個人再生や自己破産をすると財産はどうなる?

個人再生や自己破産をすると財産はどうなる?

個人再生をするとローンが残っていて、車の所有者がローン会社になっている場合、車は引き上げられます。ローンを払い済みの場合は残すことが可能ですが、車の資産価値が個人再生をした後の借金額よりも高い場合は、最低でも車の資産価値以上の借金を返済しなければいけません。

自己破産をすると冒頭でも紹介したように車を財産とみなされるので没収されてしまいますが、「新規登録から7年以上経過している車」「新車の本体価格が300万円以下の車」「車の現在の時価が20万円以下」の条件(つまりボロボロの車)であれば処分を免れます。

もし、個人再生や自己破産で生活にどうしても車が必要な場合は債務整理後に安い中古車を現金で購入しましょう。自己破産や個人再生の際の車や財産の扱いについての詳細は下記の記事も参考にしてくださいね。
【参考記事】
自己破産すると車はどうなる?引き上げの時期や手元に残す方法について

債務整理をした後に車を買うためにマイカーローンを組みたい場合ですが、マイカーローンの場合最低でも5年〜7年の間はローンは組めないと思っておいたほうがいいでしょう。
これは任意整理をした段階で信用情報に事故情報が記載されてしまう(ブラックリストに載る)ためです。
任意整理後すぐには住宅ローンを組めないのと同じ理由になります。

住宅や車といった資産は紹介してきた通りですが、クレジットカードなどの持ち物は任意整理でどうなるのか?は下記にまとめてみたので参考にしてくださいね。

>>任意整理後もクレジットカードを使える?カードを更新できる?

車や住宅は手元に残したいければ、今の借金やローンを返済できずに困っている方は弁護士にアドバイスをもらいながら債務整理を進めましょう。ここで紹介した方法以外にもできるだけデメリットを少なくして債務整理ができる方法があるかもしれません。債務整理をお考えの方は、天音総合法律事務所までお気軽にご相談ください。