借金の返済額が減るのはなぜ?任意整理の仕組みを弁護士が解説!

借金の返済額が減る仕組みについて

任意整理を検討されている方の中には、「なぜ任意整理をすると借金の返済額を減らせるのか?」と、仕組みがよくわからず、任意整理に二の足を踏んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?任意整理のメリットはいくつかありますが、そのうちのひとつが将来の利息をカットできることです。

ここでは、任意整理の大きなメリットである借金の返済額を減らせる理由について、弁護士がわかりやすく解説していきます。

  • 公開日:
  • 更新日:

この記事の監修者

弁護士法人 天音総合法律事務所 正木 絢生 (第一東京弁護士会所属)

任意整理とは?

はじめに、任意整理の概要を簡単に整理しておきましょう。

任意整理とは、借金で悩む人の救済方法である債務整理の種類のひとつです。

金融会社と交渉をして将来の利息を原則としてカットしてもらい、残りの元金を3年~5年かけて返済をしていく方法のことをいいます。

また、任意整理は手続きをしたい債権者を選ぶことができるので、保証人付き債務を任意整理の対象から除外することや、住宅ローンには影響を出さずに進めることができます。

そのため、家族や勤務先など周囲にバレずに手続きを取れる可能性が高いです。

いっぽうで信用情報機関に任意整理をした事実が事故情報として掲載されるデメリットもあります。

この信用情報は、原則として本人しか開示請求ができないため、他の人に事故情報が知られてしまう可能性は極めて低いですが、信用情報に傷がつくことでローンを組んだり新規のクレジットカードを作ったりすることがしばらくできなくなります。

任意整理をすると借金が減る理由

この記事の本題である、任意整理をすると借金を減額できる理由をご説明します。

任意整理をすると借金の返済額を減らすことができるのは、将来利息の原則カットにより、借金の総額をボリュームダウンできるからです

ここでポイントとなるのは、借金の利息です。

利息が原因で借金が減らない

債権者からお金を借りたり、クレジットカードを利用したりすると、返済時に元金とプラスして利息も返済していきます。

利息は基本的には借金総額に対して年利で発生し、返済をしている間はずっと発生し、金利(実質年率)が高いほど高額の利息が発生します。

利息は返済者から金融会社への借り入れ手数料です。

そのため、返済期間が長くなればなるほど、支払う利息は多くなり、金融会社への支払い金額(借金総額)も増える仕組みになっています。

消費者金融やクレジットカードから借金をし、返済が終わらずに困っている方から、「返済をしても、借金の総額がなかなか減らない」と伺うことがありますが、これは、下記のいずれかの理由で利息ばかり支払う形になっていることが多いからです。

  • 借入に対して毎月の返済額が少ない為、返済をしても元金に充当される分が少ない
  • 借入総額が大きく、毎月の返済額がほぼ利息だけになってしまっている

なぜ利息をカットすることで借金を減らせるの?

このように利息ばかり支払っていて、借金の元金が減らない方にこそ任意整理が適しています。

任意整理では、債権者に対して将来発生するはずの利息をすべてカットして、今後は元金だけを返済していく交渉をすることができます。

利息をカットできれば、今後は借入をした元金だけ返済をすれば良くなります。

任意整理をしなかったら「元金+(将来発生する)利息」を支払っていたところが、「元金」の返済だけになるので、任意整理をしなかった場合の借金総額よりもボリュームダウンすることができるのです。

毎月の返済額はすべて元金に充てられるため、借金を完済する時期も早くできる可能性がありますし、毎月の返済額を下げられる見込みもあります。

金融会社が任意整理の交渉を応じてくれる理由

金融会社からしてみれば、利息は自社の利益です。

利息を支払ってもらえないと利益が減ってしまいますので、金融会社にとって任意整理はメリットがないことのようにも思えます。

では、なぜ利息カットの交渉に応じてくれるのでしょうか?

それは、利息カットの交渉に応じなかった場合に、債務者が個人再生(小規模個人再生)や自己破産の手続きを行い、元金が減ったりゼロなったりする可能性があるからです。

そうなると、利息だけではなく元金自体の返済もしてもらえなくなり、金融会社としては大損をしてしまいます。

そのため、まったく返済してもらえなくなるより元金だけでも返してもらえたほうが良いと考え、任意整理の交渉に応じることが多いです。

任意整理によって元金が減ることもある理由は?

任意整理をすると、将来利息のカットがされて元金を返済していくことになりますが、元金自体が減るケースもあり得ます。

これは、任意整理に元金を減らす交渉が含まれているのではなく、過払い金が発生しているケースがあるからです。

こちらでは、過払い金と任意整理の関係について解説していきます。

過払い金とは?

本来は、借入をした際に支払うべき利息の率は利息制限法によって定められています。

しかし、以前は、この利息制限法の上限を超える利率で貸付をしていた金融会社も多くあり、債務者が利息を払い過ぎていた状況になっていることが多くがありました。

この払い過ぎた利息を過払い金といい、債務者は金融会社に返還請求を行い、過払い金を取り戻すことができます。

主に2008年〜2009年頃より前から借金をしていた方に過払い金が発生している可能性があります。

任意整理をする際に過払い金を確認する

任意整理の手続きを開始すると債権者との交渉の前に、債権者から取引履歴を取り寄せて引き直し計算を行い、今ある借金の状況を正確に把握します。

取引履歴とは、債権者と債務者との間での金銭の貸し借りや返済の履歴のことです。

そして引き直し計算とは、この取引履歴をもとに利息制限法所定の利率に直して、正確な残元金額を計算することをさします。

この引き直し計算によって、過払い金が発生しているかどうかがわかります。

もし、過払い金が発生していたら、それを残りの元金に充当することができるため、過払い金によって残元金額を減らすことができます。

たとえば、借金200万円の方が任意整理をし、過払い金は50万円があることがわかったら、将来の利息がカットされることに加え、借金の残額が50万円へり、残り150万円を返済していけば良くなります。

任意整理を行うメリットとデメリット

任意整理では、今後の返済額を減らすことができる以外にもさまざまな影響があります。メリットもあれば、デメリットもあります。

任意整理手続きの影響、仕組みも把握しておきましょう。

任意整理を行うメリット

返済や督促や取り立てをストップできる(弁護士に依頼した場合)

弁護士を通して任意整理を行い、債権者へ受任通知を発送してもらうことで、返済を一時的にストップすることができます

通常、返済をストップすると借入先から督促や取り立てを受けますが、受任通知を発送してもらうことで借入先からの督促や取り立てもストップすることができます。

ご自身で任意整理を行う場合は、返済や督促や取り立てをストップすることができませんのでご注意ください。

利息がカットされて月々の返済額が減る

「任意整理をすると借金が減る理由」でご説明したとおり、将来利息が原則カットされるため、借金の総額が減ります。

また、毎月の返済額を減額できる可能性もあります。

借金の元金が減る可能性がある

過払い金が発生していれば、残元金に過払い金を充当することができ、残元金が減る可能性があります。

任意整理を行うデメリット

信用情報の事故情報に記録が残る

信用情報機関に任意整理をしたという事故情報が記録され、任意整理によって完済してから約5年は新しい借入をしたりローンを組んだり、新規のクレジットカードを作ることができなくなります。

【関連記事】
任意整理のメリットとデメリット。借金の返済額が減る以外に起こること

任意整理を行う流れ

次に、任意整理を行う流れについて解説していきます。

任意整理では債権者と利息カットなどの交渉をし、取り決めをした内容にしたがって返済をしていきます。

弁護士を通して任意整理を行う場合、まず弁護士に相談後に依頼をします。

依頼後は、弁護士から債権者へ受任通知の発送をするとともに取引履歴の開示請求をします。

取引履歴が弁護士の手元に届いたら、引き直し計算をして正確な残元金を調べ、残元金をもとに返済計画の和解案を作成し和解交渉を開始します。

交渉によって債権者と合意できたら、合意書の作成をして合意内容の通りに債務者が返済をスタートし、3年~5年で完済を目指します。

任意整理手続きから、今後の返済計画が組まれて交渉が成立するまでは約3ヶ月~6ヶ月です

【関連記事】
任意整理の手続きの流れ・かかる期間・必要な書類を解説!

任意整理は弁護士に相談して行うのがおすすめ

任意整理を行うと借金が減る理由を解説してきました。

将来の利息をカットできることで借金額を減らせるだけでなく、毎月の返済額も減額できる可能性があります。

また、任意整理の手続きを弁護士に依頼すると「取り立てをストップできる」、「債権者との交渉を弁護士に任せられる」、「引き直し計算など専門的な知識を要する手続きを弁護士に一任できる」、「書類の作成や資料収集などを弁護士がサポートしてくれる」などが期待できます。

ぜひ、債務整理に強い弁護士に相談してください。

天音総合法律事務所では、債務整理の解決実績が豊富なため、任意整理のご相談も数多く受けています。

相談は無料です。借金問題に悩んだら、おひとりで悩まずにお気軽にご相談ください。