任意整理完済後の生活。5年間はローンを組むことができない?

任意整理完済後の生活について

任意整理を検討している人の中には、手続きの内容や進め方はもちろん、任意整理をして無事に完済した後のことが気になっている人もいるのではないでしょうか?

任意整理をしたあと、正しく返済をしていれば基本的にはこれまで通りの生活が送れます。

ただし、何点か注意することがあります。ここでは、任意整理完了後の生活で注意すべきことや大切なことなどを解説していきます。

  • 公開日:

この記事の監修者

弁護士法人 天音総合法律事務所 正木 絢生 (第一東京弁護士会所属)

任意整理をすると、3年〜5年で返済していく

任意整理とは、将来にかかる利息をカットして残債務を3年~5年ほどの長期分割返済をしている手続きのことです。

裁判所を通す必要もなく、債権者と直接交渉をして解決を目指します。

任意整理後の返済計画は人によって異なり、それぞれの返済計画に沿って返済し、すべての返済を終えると晴れて完済となります。

まずは、任意整理後の返済期間中に起こる生活への影響から確認していきましょう。

返済中はカードを作れない

任意整理手続きをし、返済計画に沿って返済をしている間は、新たなクレジットカードを作成することはできません。

個人信用情報に事故情報として任意整理の事実が掲載されるからです(いわゆるブラックリスト)。

クレジットカード会社も、この信用情報をチェックして融資しても問題ないかどうかを判断するため、信用情報を確認した際に債務整理をした事実が掲載されていると、融資できないと判断してクレジットカード作成の審査に落ちてしまいます。

ローンを組むこともできない

任意整理をして、借金を返済している間は住宅ローンやカーローンなどのローンを新たに組むことは基本的にできません。

クレジットカードの作成ができない理由と同じく、信用情報機関に任意整理の事実が事故情報として掲載されるからです。

銀行や信販会社、消費者金融などの金融機関はこの信用情報機関に記載されている個人の信用情報を確認して融資しても問題ないかどうかを判断しますので、任意整理をすると返済をしている間は融資審査がおりず、新たなローンを組むことはできません。

正しく返済を続ければ、生活はこれまでどおり

新たなクレジットカードの作成やローンを組むことはできなくとも、正しく返済を続けていれば、これまでどおりの生活を送ることができます。

信用情報は、本人でないと取り寄せができないため、事故情報の掲載がされたとしても、基本的には家族や親戚でも見ることや取り寄せをすることはできません。

そのため、周りに内緒にしながら完済を目指せる可能性が高いです。

【参考記事】
任意整理後の生活への影響。カードやローンを使えなくても普通に生活できる?

任意整理の完済後、ブラックリストは解消される

返済が完了したあと、つまり完済したら、すぐにクレジットカードの作成や新しいローンを組むことができるようになるのでしょうか?

こたえはNOです。

こちらでは、ブラックリストの解消時期(信用情報の債務整理事実が消えて再度クレジットカード作成やローンが組めるようになる時期)について解説していきます。

完済=ブラックリスト解消ではない

任意整理をして無事に返済が終了すれば、ブラックリスト入りしている状態が勝手に解消されるわけではありません。

ずっとブラックリストに載ったままではありませんが、信用情報機関の事故情報は完済後も5年ほどは載ったままと言われています。

完済してから約5年は事故情報記録の保有期間となっているためです。

つまり、完済したらすぐにブラックリストが解消するわけではなく、完済後5年程して信用情報機関の事故情報登録が消失するのを待つ必要があります。

カード作成やローンの申し込みはいつできるようになる?

無事に完済し、5年程経ってブラックリスト状態から抜け出せたら、すぐにクレジットカードの作成や新しいローンを組むことができるようになるのでしょうか?

結論から言えば、完済後5年ほど経てば、クレジットカードを作成する際の審査や新しいローンの融資審査が通りやすくなるといえるでしょう。

ただし、完済してから5年ちょうどで必ずブラックリストが解消するとはいえません。

なぜなら、事故情報が消えるタイミングは各信用情報機関によって異なり、任意整理の支払い期間や延滞の有無、時期などの事情によっても変わってくるからです。

また、5年が経過してブラックリストから消えたとしても、どの会社でもクレジットカードの作成やローン審査が通るわけではありません。

任意整理をした金融会社でカードを作ったりローンを組んだりすることは、ブラックリスト解消後も難しいでしょう。

社内ブラックといって、任意整理を含む債務整理をすることになった金融会社では、独自のデータベースに事故情報が保存されているからです。

社内ブラックは保存期間も定まっておらず、債務整理手続きをした金融機関での社内ブラックは半永久的に残り続ける可能性があります。

この社内ブラック情報は、同じグループ企業内で共有されるため、同グループに所属している金融会社からの借り入れも難しくなるでしょう。

完済後、ブラックリスト解消を確認する方法

任意整理後に借金を無事に完済して、5年が経過してブラックリストが消えているか確認する方法をお伝えします。

実は、自分自身の信用情報については、自分で開示請求をして各信用情報機関から取り寄せることができます。

信用情報機関に連絡をして履歴取り寄せの申請手続きを行い、事故情報が消えているかどうかを確認しましょう。

手続きはスマートフォンなどから行うことができます。

なお、信用情報機関は3社あるため、3社とも履歴取り寄せをして状況を確認する必要があります。

金融機関によってブラックリストとして事故情報を掲載する信用情報機関が異なるため、1社には記載が無くても、別の信用情報機関にはまだブラックリストに掲載されたままのことがあります。

信用情報機関から情報を開示してもらうには、開示手数料(500円〜1,000円程度)がかかります。

開示情報と合わせ、詳しいことは信用情報機関のWebサイトなどでご確認ください。

3社とも信用情報を取り寄せて、自分自身の信用状態の確認をしてブラックリスト状態から抜け出しているか判断をしましょう。

任意整理後に完済したら証明書をもらえる?

任意整理をし、無事に完済ができたとして、その完済した証明はどのようにすればよいのでしょうか?

実は、任意整理をして無事に完済すると、完済証明書という書類が送られてくることがあります。

完済証明書は、債権者が発行する完済を証明するための書類で、任意整理の最後の支払いをして、借金がすべて支払い済みになったという扱いを証明するためのものです。

また、完済証明書ではなくて、債権者との間の金銭消費貸借契約書(最初の契約書)の原本が送付されてくるケースもあります。

完済証明書や金銭消費貸借契約書は、債務者の自宅、もしくは弁護士事務所(弁護士に依頼して任意整理をした場合)に届きます。

この際に注意してほしいのは、借金や任意整理を家族に秘密にしていた場合、完済証明書が自宅に届いて家族にバレる可能性があることです。

家族に任意整理を内緒にしていた場合は、完済証明書が自宅に届かないようにしておきましょう。

完済証明書の送付先は、任意整理の和解時に債権者に要望を伝えることが可能で、任意整理時に依頼した弁護士などに、事前に完済証明書の送付先希望を弁護士事務所にするのか自宅にするのか共有しておくとよいでしょう。

任意整理完済後の生活で大切なこと

任意整理をし、返済計画にそって3年~5年という期間、コツコツと返済を続けて無事に完済したら、借金のない生活を送ることができます。

せっかく、借金のない生活を取り戻すことができたら、今後は収入と支出のバランスをしっかりと管理をして、無理のない範囲でのクレジットカード利用やキャッシング利用をするようにしましょう。

第二の人生を歩み出したと思って、お金を大切に計画的な生活をしていくことをおすすめします。