家族や職場など誰にもバレずに内緒で任意整理できる?

  • 公開日:

任意整理はバレない?

親や配偶者(夫・妻)といった家族や職場に内緒で任意整理はできるのでしょうか?
先に結論から言えば、任意整理をしてもバレない可能性が非常に高いです。
親や配偶者だけではなく、職場にも任意整理がバレないのが普通です。

しかし、絶対ではありません。
任意整理を行う条件や、内緒にしていてもあなたのミスでバレる可能性もあります。

この記事では、任意整理がバレるきっかけ・任意整理を内緒にするための方法について紹介しています。家族はもちろん、職場や周囲の人達にバレずに内緒で任意整理を希望する方は参考にしてくださいね。

バレずに任意整理を行うための条件!

バレない任意整理のチェックリスト

まずは、バレずに任意整理を行うための条件を紹介していきたいと思います。
上記のチェックリストに一つでもチェックが付いたら任意整理がバレる危険性があります。

もしチェックが付いてもバレずに任意整理を行うことは可能です。
なぜなら、任意整理の場合は借金を選んで手続きができるからです。

例えば、親が住宅ローンの保証人になっている場合は住宅ローンを任意整理の対象から外せば親にはバレずに内緒で手続きを進めることができます。

もう一つ例を挙げましょう。
例えば公務員の方が共済組合からの借金を任意整理すると、職場に債務整理がバレるので共済組合からの借金は任意整理の対象から外す人も多いです。

このように保証人や債権者が借金問題を内緒にしたい人(関係者)の場合は、その借金は対象から外せるのが任意整理です。
その代わり、対象から外せばその借金が減額されたり、借金に対する過払い金が返還されることはありません。

バレずに任意整理をする場合、自分で手続きを行うのは諦めましょう。後述しますが、同居の家族に任意整理がバレる場合は郵便物や債権者からの連絡であるケースが多いからです。弁護士に依頼すればあなたの代理人となって任意整理関連の書類や郵便物、連絡は全て弁護士があなたの窓口となって手続きを進めてくれます。そもそも、自分で任意整理を行うと貸金業者が交渉に応じてくれない可能性も高いので労力だけかかってあまり意味のない結果になる可能性があります。

バレないように任意整理をするにはこの条件が揃っているか?がまずは大事です。

任意整理が家族や職場にバレた!そのきっかけは?

任意整理がバレるきっかけ

チェックリストで紹介した上記の条件が揃っていれば任意整理がバレる可能性は限りなく低いです。
しかし、絶対ではありません。

自分のうっかりやイージーミスによって内緒にしていた任意整理がバレる可能性はあります。
では、何がきっかけで任意整理が家族にバレるのかを見ていきましょう。
特に家族と同居している方は下記に注意しましょう。

代理人との連絡は必ず携帯で!

固定電話を連絡先にする人は少ないと思いますが、連絡先は必ず携帯電話にしましょう。
基本的に弁護士に代理人を依頼した場合、債権者に受任通知が送られれば届いた段階で債権者から直接連絡があなたの元に来る可能性はほぼありません。(闇金業者のように法律を無視する業者は除く)。受任通知は簡単に言えば、弁護士が「あなたの代理人となって債務整理手続きを開始しました。」といった内容の通知です。

受任通知や債権者に届くタイミングは下記の記事で詳しく紹介しています。
【参考記事】
債務整理開始は相手に伝える?受任通知が届くまでの期間は?

なので任意整理に関するやり取りは弁護士との間だけになります。
弁護士を携帯に登録する場合は偽名や施設名で登録しておきましょう。
特に勝手に携帯電話をチェックするタイプの配偶者を持つ方は、相手のいない時間帯をあらかじめ代理人に伝えて、やりとりの後には履歴を消去します。

といっても任意整理を依頼した後に弁護士と連絡を取る機会は少ないです。
任意整理の手続きが順調に進んでいればおそらく2〜3回程度です。
もちろん、事前に相談する際に家族に内緒にしたい旨を伝えておく必要があります。

債権者の訴訟提起によってバレる

弁護士に任意整理を依頼すると、受任通知が送られた段階で借金の取り立てや催促は一旦ストップします。なので基本的に債権者からあなたの元に債権者から連絡が来ることはありませんが、一つだけ例外があります。

それが、債権者が「訴訟提起」してきた場合です。
弁護士が受任通知を送付した後であっても借金の返済を求めて訴訟を起こしてくる債権者もいます。

仮に訴訟提起されれば、自宅に裁判所から訴状が届きます。
運よくその訴状を自分で受け取ればバレないかもしれませんが、同居の家族が受け取れば言い訳するのは苦しくなります。

訴訟提起され、そのまま裁判となっても事実として借りているのは間違いないので裁判でも負けます。裁判で負けると債権者は強制執行が可能になるので最悪の場合給料の差し押さえとなり職場に任意整理がバレてしまいます。

債権者が訴訟提起をしてくる場合の狙いは、債務整理を内緒で行いたいと思っている人への「脅し」の側面が強いです。もちろん、貸金業者側の事情で行っている部分もあります。

ただ基本的に任意整理をしたからといってすぐに訴訟提起をしてくる貸金業者はあまりいません。どちらかと言えば、任意整理の交渉を開始したけどなかなか交渉に進展がないといった場合に訴訟提起されるケースはあります。

もちろん、債務整理の経験が豊富な法律事務所に任意整理を依頼すれば、どの貸金業者が訴訟提起までの期間が短いか?などの情報も知った上で交渉してくれるので、任意整理をバレないように進めるためには経験豊富な専門家に依頼するのが一番の対策と言えるわけです。

関係書類の受け取りや保管方法

代理人に任意整理を依頼すると、債権者との交渉や必要書類の類は全て代理人の法律事務所が窓口となってくれるのであなたの家に関係書類の郵便物などが届くことは基本ありません。

※ホームページで家族や職場にバレずに配慮!と記載されている弁護士事務所なら大抵上記のような対応をしてくれますが、すべての法律事務所がそうとは限らないので相談の際に確認を取っておくことをおすすめします。

なので任意整理中に郵便物があなたの家に届く可能性は低いですが、任意整理が終わって債権者と和解となったら、弁護士から「報告書・和解合意書」が送られてきます。

これがバレるきっかけになるケースもあります。

「報告書・和解合意書」の受取りをバレないように行うためには、依頼した弁護士事務所に直接足を運んで資料を受け取るか、法律事務所名ではなく個人名で郵送してもらう、遠方の事務所に依頼した場合は、郵便局受取りやコンビニ受取りで受け取りましょう。

そして保管場所は家族や配偶者にバレない場所を選び、任意整理後に合意した借金の残債を完済したらシュレッダーにかけるなど、バレないように処分するのがおすすめです。最初からシュレッダーにかけてしまうと和解した内容を確認したい時にすぐに確認できなくなってしまいます。

車やバイクの引き上げ

車やバイクの購入でローンを組んでいる場合に、そのローンを任意整理の対象にしてしまうとまだローンの残っている車やバイクはローン会社が引き上げることになります。もちろん、車やバイクのローンを任意整理の対象から外せば引き上げにはなりません。

ただ、可能性として車やバイクがいきなり債権者に引き上げられるとそれをきっかけに任意整理がバレるきっかけになるでしょう。もちろん内緒にしたい相手が納得できる言い訳があればバレない可能性もあります。

任意整理後に延滞・滞納しない

任意整理で和解をした後の借金返済では、延滞・滞納があってはなりません。

もし和解後の借金返済が遅れてしまった場合はどんなイレギュラーが起こるかわかりません。
例えば、任意整理の和解合意書では、返済が遅れた場合に利子も含めた残債の一括請求も記載されているので自宅に届く債権者や裁判所からの支払督促や一括請求の通知でバレてしまうでしょう。

任意整理後に借り入れをした場合

任意整理をすると一定期間クレジットカードを作ったり、ローンを組んだり、借金をしたりなど、新たな借り入れができなくなってしまいます。

親や職場に内緒にしたい場合は特に関係ありませんが、妻や夫に内緒にしたい場合は、ローンが組めないとそこから問い詰められて任意整理の過去がバレるケースも考えられます。なので、任意整理後に家のローンや車のローンを組みたい場合は事前に自分の信用情報を確認して大丈夫だと確信してから申し込むか、もし審査に通らなかった時の言い訳や理由を任意整理以外で考えておくといいでしょう。

内緒にしたい人に手を借りる

「この人には内緒にしたい!」と思っていながらもその人に協力してもらいたい方もいるようです。
例えば、任意整理を専門家に依頼する際の費用など・・・。

当然ですが、親にしても職場の人間にしてもいきなり借金を申し込まれたら最低限理由は聞かれますよね。
もし周りに内緒で任意整理をしたいなら費用面も含めて最初に計画を立ててから実行に移しましょう。

費用に関しては法律事務所に依頼して受任通知が発送されてから実際に手続き〜和解に至るまでの期間は、借金を返済する義務が一時的になくなるのでその間に貯金をするなど弁護士に支払う費用を捻出しておきましょう。

任意整理をバレずに行うために気を付けること

ここまで紹介したようなバレるきっかけを作らなければ任意整理はバレない可能性が非常に高いです。他の債務整理の手続きと比較しても最もバレないといっても過言ではありません。

しかし、「家族や職場にバレないから」という理由で任意整理をするのはおすすめできません。任意整理をしても借金が返済できなければ結局家族や周囲の人に迷惑をかけてしまうことになります。なのでまずは「今の借金で任意整理が妥当か?」を考えなければいけません。

そのためにおすすめなのが、天音総合法律事務所の「借金の減額診断」です。
借金の返済状況などのご質問に回答いただければ、天音総合法律事務所から詳細をお伝えさせていただきます。
債務整理をご検討されている方は、お気軽にご利用ください。

なお、周りに知られずに債務整理をしたい方は、

・債権者とのやり取りを事務所を窓口として行う
・依頼者(自分)とのやり取り(郵便物など)も個人名で行ってくれる
・電話は都合のいい時間帯だけにかけてくれる
・受任通知を素早く債権者に郵送してくれる(取り立てSTOP)
・債務整理の経験が豊富で貸金業者の情報が豊富

このような点を相談時に確認するなどしましょう。