任意整理とは?

借金の返済でお困りの方、そろそろ弁護士に相談するタイミングかもしれません。
銀行などのおまとめローンをお考えの方もおられるでしょうが、それすら難しい方は迷わず専門家に相談すべきです。

まず、借金を整理するための手続には大きく分けて三つあります。
一つは自己破産です。
これは、裁判所を通じて免責手続という、借金を棒引きにしてもらう手続を行います。
しかし、持っている財産は一部を残して債権者に分配されますので、不動産などは原則残すことができません。

次に個人再生は、借金を原則5分の1だけ3年かけて払えば良いようにする手続です。
自己破産同様、裁判所を通じて行いますが、住宅ローン再生といって、住宅ローンを支払いながら家を残すこともできます。

そして任意整理ですが、これは裁判所を通さず、文字通り債権者との任意の話し合いにより、借金を整理することをいいます。
原則として、今ある借金の全額について将来利息の発生を止めてもらった上で、細かい分割で払っていくというものです。
もちろん、自己破産のように家がなくなるという心配もありません。

さて、どの手続を選択するかという目安としては、借金の総額を3年で払えるか否かです。
すなわち、今ある借金の総額を36で割ってみて、その額が1か月で払えるようであれば任意整理、払えないなら自己破産か個人再生を選択するのが通常です。
もちろん、払えるかどうかギリギリである場合に、初めは任意整理で弁護士に依頼して、後から自己破産に切り替えるということも可能です。
あくまでもこれは目安ですので、専門家に相談して決めましょう。

今すぐ相談したいという方は、「借金の減額診断」をご利用ください。かんたんな質問にご回答いただければ、天音総合法律事務所から詳細をお伝えさせていただきます。