投資やギャンブルで作った借金は個人再生で減額することができるのか?

  • 公開日:

個人再生 ギャンブル

借金を背負ってしまう理由の一つに投資ギャンブルがあります。
つい熱くなって借金をしてまで手を出してしまったという人は少なくありません。

借金の理由で考えると職がない、会社が倒産などといった理由に比べるとギャンブルや投資による借金は因果応報というふうに捉えられがちです。もちろん、本人にもその後ろめたさはあるのでギャンブルや投資で作った借金でも個人再生できるのか?は気になるところですよね。

結論から言いますと、投資やギャンブルで作った借金であっても個人再生の手続きを行うことによって借金の減額は可能です。

借金を基本的に0円にできる自己破産の場合は,ギャンブルなどは免責不許可事由といって、借金を0円にする免責がされないことがある理由になりますが、個人再生手続きの場合、借り入れの理由などは再生計画認可をしない理由とはなっていませんので,ギャンブルなどでつくった借金であっても個人再生をして借金を減らすことができます。

【参考記事】
自己破産に必要な免責とは?

個人再生に限って言えば、その他の条件面さえ整っていれば投資やギャンブルで借金を抱え、返済できない状態まで追い込まれてしまっていても個人再生の手続きでやり直すことができます。

一般的には投資やギャンブルで作ってしまった借金というのは上記で説明したように自己破産ができる可能性が低いので、これらで作った借金をなんとかしたいという場合は個人再生の手続きか、任意整理の手続きを取ることがほとんどです。

しかし、個人再生は減額できる借金の幅が大きい分、任意整理と比べると手続きのハードルが高いです。
個人再生の条件については別の記事で紹介しているので参考にしてくださいね。また、どうしても自己破産がしたいという場合や、個人再生をした場合の費用や期間などが知りたいという場合は専門家に相談してみましょう。

【参考記事】
個人再生を行う条件。継続的な収入は必須?認められないケースは?
個人再生の費用の目安や、現時点で払えない場合の対処法を解説

上記の記事で詳しく紹介していますが、個人再生は任意整理などと比べて費用がかかる点と、継続した収入があって3年〜5年で減額した借金を返済できるかどうか?が重要なのでそもそもその条件を満たしていないと、いくら個人再生ならギャンブルや投資が理由の借金でも手続き可能と言っても、そもそも個人再生手続きをする前提条件を満たしていないと言う事態に陥ってしまいます。