資産を残して個人再生をすることはできる?

  • 公開日:

個人再生をすると資産はどうなってしまうのでしょうか?

原則として自己破産の場合、破産した時点において有していた資産は手放さなければなりません。

住宅はもちろん、時価20万円以上の車や生命保険の解約金も処分の対象となります。

一方、個人再生は自己破産に比べて多くの資産を残すことができる手続であり、返済額の分まで資産を残すことができます

たとえば、個人再生を行った結果、借金の返済額が100万円に減額できたとします。

減額された返済額の分まで資産を残せますので、この場合は100万円までの資産に関しては処分せずに済みます。

ただし、この場合の100万円は資産の合計金額となります。

(時価80万円の物が2つあったら、資産は160万円となりますのでご注意ください。)

では、資産が返済額を上回ってしまったらどうすればいいのでしょうか?

前記の借金返済額が100万円のケースでいうと、100万円を越える資産がある場合です。

このような場合には資産の評価額に返済額を合わせるという方法が一般的です

たとえば土地などの150万円の資産を残したい場合、個人再生を行って借金を100万円に減額できるとしても、あえて返済額を150万円に設定します。借金の減額には限界がありますが、多めに返済額を設定することは自由です。

そうすることで上記のケースであれば150万円の資産を残すことができます。

ちなみに資産が自動車の場合、ローンを完済していなければ残すことはできません。

ローンがまだ残っている場合は、その車の時価に関わらずローン会社に車を没収されてしまいます。

また、個人再生であれば、住宅ローン条項付の再生計画が認可されることで、住宅を手元に残したまま借金を減額することが出来ます。

この場合、住宅ローンを払い続ける必要はありますが、住宅を守りながら借金を減額することが可能です。

資産を残しながら借金を減額したい方は、天音総合法律事務所までお気軽にご相談ください。

【関連記事】
住宅ローンを支払っている途中での個人再生について