個人再生をするとブラックリスト(信用情報)に影響する?

  • 公開日:

個人再生を行うと借金を大幅に減額できるというメリットがある反面、金融機関が参照することができる個人情報(信用情報)のデータベースに事故情報が記載されてしまうというデメリットがあります(この状態を、「ブラックリストに登録される」とよく言われます)。

信用情報に事故情報が登録されると、クレジットカードが作れなくなったり、住宅ローンや自動車ローンを組むことができなくなってしまいます。

個人再生をすることで借金を大幅に減額できますので、ローンが組めなくなることは仕方のない部分でもありますが、このデメリットがいつまで続くのかは気になるところでしょう。

いつまでもローンが組めないでいると、将来の生活に大きな影響が出てしまいかねません。

個人再生によってブラックリストに登録される期間は、一般的には減額された借金を完済してから5年経過するまでと言われています。

そのため、個人再生をして、借金を完済してから5年間は新たに借り入れをすることができないと思っておいたほうがいいでしょう。

個人再生の最長弁済期間(減額された借金を完済する期間)は原則としては3年、長くても5年と定められているので、個人再生をしてからローンを組めるようになるまで、完済をする期間を含めて、大体8年から10年程かかるということになります。

ただし、これは個人再生後にきちんと借金返済を行ってきた場合となります。

たとえば、個人再生の途中で再び返済の遅延や滞納があると、再び信用情報に事故(異動)情報が登録されてしまい、ローンを組めるようになるのが先延ばしになってしまうこともあります。

まとめますと、個人再生によって一度はブラックリストに登録されてしまいますが、借金完済から5年経過すればその情報は消え、ローンを組んだりクレジットカードを作ることが可能になると言うことです。

【参考記事】
個人再生をした後に借金の返済ができない状況に陥ったら

もし、個人再生の手続きを行った後に住宅の購入や自動車の購入を考えている場合は、ブラックリストに登録されている間は我慢して借金問題を解決し、その間に頭金などの貯蓄を行っておくと事故情報が消えた後に住宅ローンや自動車ローンを組む際に審査に通りやすいと言われています。

個人再生やそのほかの債務整理手続きをお考えの方は、借金の減額診断をご利用のうえ、天音総合法律事務所までお気軽にご相談ください。