一部の債権者にだけ連絡のいかないように個人再生はできるのか?

  • 公開日:

借金の返済がもう限界という時の手段の一つとして個人民事再生がありますが、個人民事再生をするにあたって一部の債権者だけは対象から外して借金を返済することは可能なのでしょうか?

例えば、債権者自体が友人や知人だったり、保証人が友人や知人の場合に、

「この人には債務整理を知られたくない」「この人の借金はちゃんと自分で返済しておきたい」

このように思っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、任意整理などの方法と違って、裁判所を通す手続きである個人再生手続きについては公平性が求められることもあり、一部の業者や知人だけは対象外にする、ということはできず、すべての債権者を対象とする必要があります。

参考:持ち家を残して債務整理をするなら住宅ローンの有無や資産価値が大事

ですので、個人再生の場合には友人や知人からの借入等も含めて対象を選べないので、個人的な保証人等がいるとその人に債務整理手続きをしていることは判明してしまいます(住宅ローンの保証人については、住宅資金特別条項を使う事で約定通りの返済を続けられるので、保証人に連絡がいかないこともあります)。

また友人や知人が保証人になっている場合は迷惑をかけてしまうことにもなります。

貸金業者だけの借金の場合で特に担保も保証人もいないという場合には、個人民事再生の手続きを行っても人に知られる可能性はグッと低くなるでしょう。

どうしても知られたくない、迷惑をかけたくないという人が債権者や保証人に含まれているという場合は個人再生ではなく任意整理や特定調停といった手続きを検討するのもいいかと思いますが、債務整理を行っても借金による負担が軽減されなくては本末転倒となってしまいますので専門家に相談し、シミュレーションなどを参考に判断されるのがいいかと思います。

【関連記事】
誰にもバレずに債務整理をする方法。家族や会社に内緒で借金を減らせる?