個人再生ができないことってあるの?

  • 公開日:

債務整理の手続きとして個人民事再生をお考えの方の中には
個人民事再生の手続きをして申請が通らなかったらどうしよう?
思っている方も多いのではないでしょうか?

個人民事再生の申請をしても、再生計画が認可されないケースもあります。
再生計画が不認可となる理由というのは再生計画遂行の見込みがないことや
再生計画に法律違反がある場合などです。

個人再生の再生計画が不認可となった場合、基本的には破産するほかなくなりはしますが、申立をすることができればほぼ再生計画は認可されます。

それは、不認可になるような場合は、そもそも申し立てを行わないことが多いからです。

個人再生手続きをする場合、ほとんどの場合において弁護士などの専門家に依頼することから、再生計画認可の見込みが明らかに無いような事案については、相談段階で個人再生の方針で進めることには無理があるというアドバイスを受けられるはずです。

専門家から個人再生で行けるはず、という判断をされる状況ならば、ほぼ再生計画は認可されます。

ですので、自分のケースで個人民事再生の手続きをすることができるかどうかが
知りたいという場合はまず弁護士に相談をするのがいいでしょう。

ですので、個人民事再生ができるかできないかというのは申し立てを行うことが
できるかどうかということにほぼ置き換えることができると言ってもいいでしょう。

なお、住宅ローン等を除いた借金の総額が5000万円を超える場合には個人再生の手続きは利用できず、手間や時間、費用が大幅に増加する通常民事再生の手続きを利用することになります。

一般の方がそれほど多額の借金を抱えることはほとんどないでしょうが、個人事業主の方などは、この点でも注意が必要です。

そのような点も含めて専門家に相談するといいでしょう。

【関連記事】
住宅ローンを払っている途中での個人再生について
投資やギャンブルで作った借金は個人再生で減額できる?