個人再生とは?

個人民事再生の手続きは現在、継続的に収入を得ることができていることを条件に、返済が不可能と思われるほどの借金に対して、原則今の財産を処分せずに残っている借金の支払い責任を軽減してもらうための裁判上の手続きになります。

もっと簡単に言えば仕事をしていて安定的な収入があれば持ち家などを手放すことなく借金を減らすことができる手続きです。

個人民事再生の手続きは「小規模個人再生手続」と「給与所得者等再生手続」の二つの手続きに分かれていて個人民事再生というのはこの二つの総称となります。

同じ債務整理でも任意整理や自己破産とは異なる手続きです。

その違いや、個人民事再生に関する知識をこのカテゴリーでは記事にしているので検討している方はそれぞれの記事を参考にされてください。