完済と借り入れを繰り返した場合の過払い金請求

  • 公開日:

過去に貸金業者から借金をしていたら必ず過払い金が発生しているというわけではありません。

借金の総額や返済期間・時期によるところが大きいのですが、場合によっては返済の仕方が過払い金に関わってくることがあります。

借金をした経験がある人の中には一度完済したけれど、またお金が必要になって再度同じ貸金業者から借り入れをした経験があるという人もいるでしょう。

このように完済と借り入れを繰り返していた場合の過払い金請求はややこしくなるケースがあります。

というのも過払い金の時効は最後に取引があった日から10年間となっています。
通常最後に取引きがあった日というのは完済をした時となりますが、完済と借り入れを繰り返している場合は二つのケースが考えられます。

借り入れから完済までを一つの取引とすると何度もそれを繰り返した場合に、それぞれの取引が一連の取引とみなされるのか、それとも独立した別々の取引きとみなされるかによって過払い金請求ができるか否かが変わります。

この判断は最終的には裁判所に委ねられることになります。

全ての取引が一連の取引と認められれば一番最初に借り入れをしてから完済をしたのが10年前だったとしても一番最近の完済が10年以内であれば遡って過払い金請求をすることが可能になるのですが、もし分断した取引だと判断されれば10年以内の完済をした借金に対する過払い金しか返還されないということです。

この一連の取引なのか、別々の取引なのかの判断は先程のように裁判所が最終的に判断をするのですが、その際の基準になるのが一度完済をしてから次の借り入れをするまでの空白の期間と言われています。

この空白の期間が半年程度であれば連続した取引とみなされる可能性が高く、よって過払い金に関しても最初の借り入れから遡って請求できる可能性が高いです。

反対に空白の期間が数年あるという場合は最初の借り入れは別の取引とみなされ、過払い金請求をすることができるのは完済が10年以内の借金のみとなります。

しかし、このように完済と借り入れを繰り返した場合の過払い金請求に関しては単に空白の期間だけではなく、契約内容によっても請求できるかできないかが変わるので、このようなケースの過払い金請求は弁護士に相談をして行うことが過払い金を多く取り戻すためには必要だと言えます。