過払い金が戻ってくるまでの期間について

  • 公開日:

過払い金が発生していることがわかってそれに対する返還請求をした場合にどれぐらいの期間で過払い金が戻ってくるのか?によって弁護士など専門家に依頼した場合の費用の工面や、それまでの間の生活費の工面などを考えなければいけない人もいると思います。

具体的に過払い金請求をしたら何ヶ月後にはあなたの手元に過払い金が戻ってくるとは言えません。

なぜなら、過払い金が戻ってくるまでの期間は過払い金請求の手続きの仕方や、相手側の貸金業者の対応次第で変わってくるからです。

例えば、自分で過払い金請求を行う場合は引き直し計算をしたり、貸金業者が請求に応じなかった場合の交渉や場合によっては訴訟をする必要があります。

ほとんどの方が経験がないと思うのでこれらの知識を勉強しなければいけません。
当然その間に過払い金が戻ってくることはありませんので、スムーズに交渉などが進めば自分で行うのが一番手っ取り早いかもしれませんがそうもいかない事態も多いです。

一方で弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼すればすでに専門知識を持ち合わせているので手続きや交渉に関してはスムーズに行うことができますが、事務所によっては人員が足りず対応するのに時間がかかってしまう可能性もあるので事務所選びにも左右されます。

貸金業者も事務所によって交渉態度を変えてくるというのは有名な話で、過払い金請求に強い専門家に依頼をすれば対応も素早く和解の金額も高額になると言われています。

以上のようにどのように過払い金請求を行うかと貸金業者の対応によって過払い金が戻ってくるまでの期間は短くなったり長くなったりするということを知った上で、あくまでも目安としてどれぐらいの期間がかかるのかと言えば、6ヶ月ぐらいで戻ってくると考えていればいいでしょう。

大手の貸金業者で資金力が豊富であれば、早期解決(満額回収は目指さなくてもいい)の場合は最短で3ヶ月、満額回収の場合は訴訟になって長期化した場合でも1年程度を過払い金が戻ってくるまでの期間として考えておくといいでしょう。