過払い金を自分で請求する前に知っておきたいメリットとデメリット

自分で過払い金請求をする前に知っておきたいメリットとデメリット
  • 公開日:
  • 更新日:

この記事の監修者

弁護士法人 天音総合法律事務所 正木 絢生 (第一東京弁護士会所属)

過払い金請求を専門家に依頼せずに自分で行おうと考えている人もいるでしょう。
実際に自分で過払い金請求の手続きをして取り戻した人もたくさんいます。

ですのでこの記事では自分でする過払い金請求のメリットとデメリットを紹介しましょう。

自分で過払い金請求をするメリット

自分で過払い金請求をするメリット

1.弁護士費用がかからない

自分でする過払い金請求の最大にして唯一のメリットはやはり費用がかからないことでしょう。

専門家に過払い金請求を依頼すれば少なからず費用が発生します。

ですのでその分自分の手元に多くの過払い金が戻ってくる可能性があるのです。

可能性というのは、早期に和解をするか、訴訟にするかによって返還される過払い金の額が変わってくるので専門家に依頼した場合とまったく同じ手続きや交渉ができた場合のみ、費用分の過払い金を手に入れることができるということですね。

自分で過払い金請求をするデメリット

自分で過払い金請求をするデメリット

1.請求手続きの手間がかかる

自分で過払い金請求をする場合はまずあらゆることを調べなければいけません。

また、満額を取り返すために訴訟にまでもつれたら裁判所への出廷も自分でしなければいけません。

そのための書類準備や作成などにも当然時間がかかるでしょうし、平日に休まなければいけなくなります。

自由な時間が豊富にある人であればいいですが、お仕事をされている方には難しいかもしれませんね。

2.金融会社との和解交渉が大変

貸金業者の中には個人で過払い金請求をすると対応を放置されることがあります。

また、交渉の際にもできるだけ過払い金の返還額を少なくするために巧みな取引をしてきます。

例えば、借金をまだしている状態で過払い金の額が借金を上回っている場合などに取引履歴の開示請求をすると「借金はもう残っていない」と言ってきたりします。

その他の和解交渉においても、これまでの判例などを知っている専門家であれば提示された金額が多いのか少ないのか、満額取り戻すことができるかなどの判断ができますが、個人ではよっぽど過払い金請求に関する過去のデータを引っ張りだしたりしない限りはこのような判断ができないので結局自分で過払い金請求をしても戻ってくる金額が少ないということも考えられます。

上記が自分でする過払い金請求のメリットとデメリットになります。

自分でするかどうかの判断は、かかる時間や手間を受け入れることができるかどうかも影響しますが、取引のあった貸金業者によっても変わってきます

なぜなら大手の貸金業者の中には個人で過払い金請求をしてもすんなりと応じてくれるところがあるかもしれませんし、そのような貸金業者に過払い金請求を行う場合は自分でするという人もいます。

自分の借りていた貸金業者の過払い金請求の対応を調べてから判断してもいいでしょう。