過払い金請求について

少し前までは電車のつり革広告などでよく見かけることも多かった過払い金請求という文字。
今でもテレビCMなどで耳にすることもあるかと思いますが一時に比べると落ち着いてきた印象です。

そんな状況を見ていると過払い金が発生していて請求しようという意思のある人はほとんど過払い金請求を終えているんじゃないかという印象もありますね。

そもそも過払い金というのは過去に支払い過ぎていた利息分のことです。
いわゆるグレーゾーン金利と言われている現在の上限金利と出資法の上限金利の間で利息を返済していたという人は最後に取引のあった時から10年間に遡ってその支払い過ぎていた過払い金を取り戻すことができるのです。

しかし、グレーゾーン金利の期間にお金を借りていたからと言って全ての人に過払い金が発生しているわけではありません。
過払い金が発生している可能性は高いですが、借りていた期間や返済の仕方によっても変わります。

また過払い金が発生していたとしても借りていた貸金業者にすでに支払う能力がない場合もあります。
有名なところでいうと武富士はすでに経営破たんしているので過払い金請求はほぼ不可能と言えます。

貸金業者側からすれば過払い金請求はできるだけ避けたいので個人で手続きをしても相手にされないケースもあります。
このように過払い金が一体何なのか?というのは比較的簡単に知ることができるのですが、個々のケースにおいていくら発生しているのか、どうやって請求すればいいのかといった疑問も出るでしょう。

このカテゴリーではそんな過払い金請求に関する疑問を少しでも解決できるような役立つ記事を紹介しています。

借金問題を専門家に相談する前に知っておきたいこと