一括請求が来たけど借金を返済できません。分割払いにする方法や、対処法はありませんか?

もし、消費者金融やカードローンから一括返済を求められたら、債務者は「金融会社と交渉して分割払いにしてもらう」、「家族に相談して借金を一括返済」、「弁護士に相談して債務整理をする」のいずれかで借金トラブルを解決するようにしましょう。

そのまま放置していると、金融会社に裁判を起こされて財産を差し押さえられる可能性があります。

  • 公開日:
  • 更新日:

一括請求の借金返済への対処方法

この記事の監修者

弁護士法人 天音総合法律事務所 正木 絢生 (第一東京弁護士会所属)

返済できず滞納していたらすぐ一括返済を求められる?

消費者金融、クレジットカード、カードローン、住宅ローンなどの借金の返済ができないで放置をしていると、ある日突然、借金の一括返済を求められるケースがあります。

しかし、滞納している借金の一括返済を急に求められたところで、すでに借金を滞納している方の多くは返済できないから滞納しているため、一括返済できない状況であることが多いでしょう。

そのため、借金を滞納して一括返済を求められたらどうしようと不安に思うかもしれませんが、滞納したらすぐ一括返済を求められるわけでも、一括返済を求められたからといって、即日返済しなければいけないわけでもありません

まず、借金の返済を滞納すると、一般的な消費者金融や、クレジットカードのキャッシング・カードローンの場合だと、必ず数日で催促の電話や通知が来ます。

この時点ではまだ借金残高の一括請求はされませんし、ブラックリストにも登録されません(延滞を何度も繰り返していると登録される可能性はあります)。

「延滞したら、すぐ一括請求が来るんじゃないか?」と不安になってコールセンターなどに問い合わせる方もいますが、金融会社は、返済日にきちんと返済してもらいたいので、「何日までの遅延なら一括請求されませんか?」といった質問には答えてくれないでしょう。

一括返済の請求は滞納が2〜3ヶ月続くと来る

では、どのタイミングで一括返済を求められるのかというと、金融会社の催促を2~3ヶ月の間、無視し続けていると借金の一括返済の請求が来ることがあります。

2~3ヶ月後に一括請求されることが多い理由としては、借金の返済は滞納から約2ヶ月が経過すると分割払いが認められず、一括返済しなければならないからです。

銀行カードローンの場合だと、保証会社が銀行に支払いをするため返済相手(債権者)が銀行から保証会社に変わります。

さらに、この段階で信用情報の異動情報に事故情報が記載されて金融ブラックとなります。

銀行系カードローンの保証会社は消費者金融や信販会社であることが多く、その場合、一括返済の請求は消費者金融や信販会社から内容証明郵便で届くケースが多いです。

文面の内容としては、期限の利益喪失を理由に一括返済を催促するとされています。

期限の利益喪失とは、「借金は毎月の期限までに返済していけば良い(期限の利益)が、契約上なくなった」という意味で、債権者が債務者に借金を踏み倒される可能性があると判断して、期限の利益喪失を理由にこれ以上滞納を続けるなら分割ではなく一括返済してくださいと請求がきます。

このように一括返済を求められた場合でも、分割払いに戻せる可能性があります。

まだ貸金業者から一括請求を求められている段階であれば、返済ができる日にちや返済の意志を伝えれば、分割払いに戻してもらえる可能性があります。

そのため、一括返済に慌てたり、返済のためにまた借金したりせず対応することをおすすめします

金融会社からの一括請求を無視した場合

保証会社から一括請求の内容証明郵便が届くケースをお伝えしてきましたが、一括請求は、

(1)債権者(消費者金融など)・債権回収業者からの内容証明郵便による一括返済請求

(2)裁判所から特別送達で送られてくる一括返済請求

の2段階に分けることができます。

保証会社からの一括請求は(1)に当てはまります。

(2)は、貸金業者による一括請求を無視していた場合に発生する可能性があります。

つまり、貸金業者からの一括請求を無視し続けていると裁判沙汰になり、事態が悪化してしまうというわけです。

特別送達では、支払督促申立書もしくは訴状が送られてきます。

訴状の場合は、債権者が裁判を申し立てたことを意味しますので、債務者は裁判所に出廷することを求められます。

そして支払督促申立書も訴状も、放置し続けると、債権者は差し押さえができるようになります。

土地や建物、預貯金、給与、報酬、車、貴金属など、財産を差し押さえられてしまう可能性がありますので、裁判所からの特別送達を無視しないでください。

もし、一括請求が届いても返済できない場合は、債務整理をしたほうが良い可能性が高いので、すぐ弁護士に相談することをおすすめいたします。

一括請求が届いた状況から借金問題を解決する方法

最後に、一括請求が届いた状況から借金問題を解決していく3つの方法をご説明します。

金融会社から請求された段階で、自分がするべき対応はどれなのか考えて行動するようにしましょう。

(1)金融会社と交渉して分割払いにしてもらう

(2)家族に借金をして借金を一括返済

(3)弁護士に相談して債務整理を行う

金融会社と交渉して分割払いにしてもらう

一括で返済することはできなくても、分割なら返済していくことが可能なら、まずは金融会社と交渉をしてみてください。

いつからどうやって返済していくかをきちんと伝えることができれば、分割での支払いが認められる可能性は十分にあります。

ただし、約束した通りに返済していかないとまた同じ状況になり、分割が認められなくなる可能性がありますので気をつけてください。

家族に借金をして借金を一括で返済

家族に借金の肩代わりをしてもらって一括で返済し、金融会社に対する借金をなくす方法もあります。

すでに家族が借金のことを知っている人は相談するのもひとつの手です。

これまで隠してきた人も、一括請求を無視してもっと大ごとになって知られるより、今のうちに打ち明けてしまったほうが影響は少ない可能性があります。

ただし、家族からお金を借りることの重大さをしっかりと認識してください。

家族の助けによって借金問題があっさり解決してしまうと、返済の大変さを忘れしまい、その後も借金を繰り返してしまう人が見受けられます。

家族にしっかりと返済していける人、家族を巻き込んでしまったことを反省し、二度と迷惑をかけないと約束できる人だけが家族を頼ってください

弁護士に相談して債務整理を行う

一括請求でも分割でも返済できないなら、放置するのではなく債務整理することを検討してください。

毎月の支払額が減額できれば返済していける人は、任意整理によって3〜5年程度で借金問題を解決できる可能性があります

収入がないなどの理由で減額しても返済が難しい人は自己破産という選択肢もあります。

放置して裁判になって最終的に差し押さえられてしまうよりもご自身への影響は少なくなるでしょう。

「借金の減額診断」から弁護士に債務整理の相談をすることができますので、一括請求でお困りの方は、一度診断をしてみてください。