借金返済の相談をしたいのですが、どこに何を相談すればいいのでしょうか?お金はないので無料で相談したいです。

借金問題の無料相談先には、行政機関や地方自治体などの相談窓口、弁護士や司法書士など法律の専門家があります。

借金の返済ができない方や債務整理を検討されている方などは、弁護士事務所への相談がおすすめです。

良い返済の方法を知りたい場合などは行政機関や地方自治体を頼ってみましょう。

そのほか、ちょっとした相談であれば、インターネットの相談サイトなどを活用する手もあります。

  • 公開日:

借金返済の相談

この記事の監修者

弁護士法人 天音総合法律事務所 正木 絢生 (第一東京弁護士会所属)

借金の悩みは相談しながら解決しましょう

借金問題を抱えていて、今すぐにでも借金返済したい、完済したいと思っているものの、「具体的にどうやって返済していくべきか?」「自分の計画した返済方法は正しいのか?」「債務整理や税金の減免制度は利用できるのか?」などの判断がつかずにいる方も多いはずです。

家族や友人に借金問題の相談はしづらいと思いますので、借金の悩みを無料で相談できる専門家や専門機関を利用しましょう。

借金返済の相談先1「インターネット」

今はインターネットでさまざまなな相談ができる時代です。

掲示板、Yahoo!知恵袋、ツイッター、LINEオープンチャットなどであれば匿名で相談することもできます。

「こんな時はどうすればいい?」、「金融会社にこんなことを言われたのだけど」など、返済の過程で出てきた悩みごとで、弁護士や自治体に相談するほどのことでなければ、インターネットで聞いてみることをおすすめします。

誰でも質問できる場には、同じ境遇の人や過去に借金を抱えていた人がいるので、有益なアドバイスを得られる可能性があります。

ただし、回答してくれる人は専門家ではありませんし、相手も匿名です。

教えてくれた情報が正しいとは限りませんので、ご自身の借金問題に大きく影響するような悩みは、ここでは相談しないほうがいいでしょう。

借金返済の相談先2「公的機関」

行政機関地方自治体といった公的機関にも借金返済のための相談窓口がいくつかあります。

公的機関を利用して借金の返済相談をするメリットはなんといっても無料で利用できることで、電話やメールだけでなく直接会って相談に乗ってくれる公的機関もあるので安心して利用できる点が一番大きなメリットです。

行政機関や地方自治体だから信頼できるという方も多いでしょう。

いっぽうで、相談できる時間が限られてしまいます。

公的機関なので基本的に平日のみの夕方までには窓口が閉まってしまうことが多く、日中仕事をしている人は、なかなか相談できないこともあります。

また、公的機関はあくまでもアドバイスのみで、サポートをしてくれるわけではありません。

たとえば、借金が返済できない状況にあっても返済にあてるお金を用意する方法を教えてくれたり、あなたに代わって貸金業者と交渉をしたり、手続きをしたりしてくれるわけではありません。

公的機関に相談するだけでは、根本的な解決には至らないことは理解しておきましょう。

借金返済の相談先3「弁護士」

自力で返済できる方は公的機関がおすすめですが、多重債務ですでに返済が行き詰っていたり、債権者から督促状が送られてきたりしている場合は、弁護士などの専門家への相談がおすすめです。

掲示板や公的機関に相談しても、返済が困難な状況であれば最終的には「弁護士に相談したほうがいいです」という流れになるでしょう。

弁護士に相談することで、借金問題を解決するためにどうすればいいかわかりますし、債務整理をする場合は、あなたの代理人となって借金問題の解決にあたってくれます。

弁護士に相談をする際は、債務整理に力を入れて取り組んでいる弁護士事務所に相談することをおすすめします。

弁護士が携わる案件は幅広いため、債務整理の経験が少ない弁護士もいます。

また、債務整理に力を入れて取り組んでいる弁護士事務所であれば、無料で相談できるところが多いです。

天音総合法律事務所でも、借金問題のご相談を無料で受け付けております。

「借金の減額診断」から相談できますので、お気軽にご利用ください。