クレジットカードがブラックリストに載ったら、いつまでカードを使えませんか?解除する方法はありませんか?

クレカがブラックリストに

クレジットカードがブラックリストに載った場合、どのような理由でブラックリスト入りしたのかによって掲載期間が異なります。債務整理をしたことが原因であれば、任意整理は完済などによって契約終了してから約5年以内、個人再生および自己破産は手続き後約5~10年程度は、クレジットカードを使うことや作成することができません。

また、自ら解除をすることは原則としてできません。

  • 公開日:

この記事の監修者

弁護士法人 天音総合法律事務所 正木 絢生 (第一東京弁護士会所属)

クレジットカードのブラックリストとは?

クレジットカードのブラックリスト入りをする、などといった言葉を見聞きしたことのある人は多いでしょう。

しかし、実際にブラックリストと呼ばれる特定のリストがこの世に存在している訳ではありません。

ブラックリストとは、信用情報機関への事故情報の登録がされることをさしています。

信用情報機関は、個人の借り入れ状況や滞納状況といった借金状態を登録管理している、国指定の機関で、JICC、CIC、KSCという3つの機関が存在します。

クレジットカード会社や銀行、消費者金融などの金融機関は、いずれかの信用情報機関の会員になっており、融資の審査などの際に、個人の収支状況や個人情報と同じように、信用情報機関の事故情報を確認しています。

そして、信用情報機関への事故情報が登録がされていると、新たな借り入れやクレジットカードの作成や利用ができなくなります。

ブラックリストに載る条件

ブラックリストに載ってしまう条件をご説明していきます。

各信用情報機関によって、事故情報の掲載をする条件は異なりますが、主に以下のような条件が発生すると事故情報の登録がなされます。

信用情報への事故情報登録の条件

条件

内容

長期延滞

返済を2~3ヶ月経過すると、長期延滞として事故情報登録がされます。

代位弁済

保証会社による代位弁済(保証会社が金融会社に返済する代わりに、債務者に対して返済の請求を行うこと)が行われると、信用情報機関に事故情報登録がされます。

契約解除

契約不履行により強制的に金融機関から契約解除されると、信用情報機関に事故情報登録がされます。

債務整理

任意整理、個人再生、自己破産の手続きを行うと信用情報機関に事故情報登録がされます。

表からもお分かりいただけるように、債務整理、滞納、代位弁済・契約解除などによって信用情報機関に事故情報登録されます。

いずれの場合も、予定通りに返済が行えなくなったことが、事故情報登録がされる原因となっています。

ブラックリストに載るとどのような影響がある?

次に、ブラックリストに載ると生活へどのような影響が出るのかを説明していきます。

新たな借り入れ、新たなローンを組むことができなくなる

信用情報機関に事故情報が登録されると、新たな借り入れ契約や新たなローン契約を結ぶことは原則できなくなります。

銀行、貸金業者、クレジットカード会社は審査の際に信用情報を確認しますので、事故情報が登録されていれば、「返済能力が無いもしくは返済能力が低い」と判断し、融資審査を通しません。

新規クレジットカードの作成や、クレジットカードの利用ができなくなる

ブラックリストに載ると、クレジットカードの新規作成やカードの利用もできなくなります。

すでに発行しているクレジットカードであっても、金融機関ごとの更新のタイミングや独自の定期審査で事故情報が発見されると利用停止になるので、いずれは使えなくなります。

親族などの借り入れに対して保証人になれなくなる

ブラックリストに載ると、自分名義の借り入れやクレジットカードの作成ができないだけではなく、原則として保証人や連帯保証人にもなれません。

そのため、子どもの奨学金の保証人になりたい場合や、夫婦の名義の借り入れの保証人になりたい場合でも、基本的には保証人になれないでしょう。

子どもの奨学金を借りたいケースは、ほかの親族に保証人になってもらうか、保証機関を利用するなどして奨学金を借りていくことになるでしょう。

賃貸契約ができなくなるケースがある

ブラックリストへの掲載が、賃貸契約に影響を及ぼすこともあります。

たとえば、クレジットカードでの支払いを必須としていて、クレジットカードの審査が必要な物件や、信販会社系の保証会社を通して家賃を支払うことを必須としている物件の場合には、賃貸契約の際に信用情報を確認するため、事故情報が登録されていると、審査が通らなくなる可能性があるでしょう。

携帯電話などの端末機の分割購入ができなくなる

大手の携帯キャリア会社は、信用情報機関に加盟して事故情報の有無をチェックしています。

そのため、信用情報機関に事故情報登録があると、端末機の分割購入審査に落ちてしまうケースがあります。

保険や戸籍、パスポートなどへの影響はない

ブラックリストに載ることによる影響は、クレジットカードでの支払いやローンなど、いずれもお金の支払いに関する契約ができなくなるというものです。

「保険契約ができなくなる」、「戸籍登録される」、「パスポートに記載される」などを心配する声を聞くこともありますが、そのような影響は一切ありませんのでご安心ください。

ブラックリストを解除する方法は?

信用情報機関の事故情報登録を消す方法、いわゆるブラックリストを解除する方法はありません。

信用情報機関に登録の削除申込はできませんし、滞納していた借金を返済すれば取り下げてくれるといったこともありません。

事故情報の登録は事故内容によって各信用情報機関で保有期間が定められており、一定期間が経過することを待つ以外に解除方法はありません。

反対に、更なる事故情報を重ねるような状況が無ければ、一定期間が過ぎるとブラックリストが解除され、クレジットカードを作成したりローンを組んだりできるようになります。

カードが使えるようになるまでの期間

ブラックリスト入りしている年数は、事故情報が掲載された理由によって期間が異なり5年~10年ほどといわれています。

たとえば、支払いの延滞が原因であれば、延滞料金を完済できた日から数えて約5年、債務整理の場合には、任意整理だと支払い完了後約5年、個人再生および自己破産は手続き後約5~10年といわれています。

ブラックリストが登録されている期間中に何度も審査を出したり、債務整理の場合は、手続き後の返済が滞ったりすると、その情報が再度信用情報機関に登録され、事故情報が削除されるまでに更なる時間がかかることになりますのでご注意ください。

ブラックリストが解除されたか確認する方法

信用情報機関の状態を確認する方法は、各信用情報機関への問い合わせです。

また、各信用情報機関において事故情報がすでに登録されている場合には、掲載期間がいつまでになるかも確認することも可能です。

信用情報機関に個人信用情報の開示請求をすると、現在の信用情報を開示してくれます。

複数社でブラックリストに載っている可能性がありますので、JICC、CIC、KSCの3社すべてに問い合わせることをおすすめします。

JICCとCICの開示手続きには、窓口での対応と郵送での対応があり、KSCは郵送のみです。

なお、開示手続きをする際は手数料がかかりますので、事前に把握しておきましょう。

クレジットカードがブラックリストに載るのは避けたほうがいい?

クレジットカードの頻繁に利用して生活をしている人や、万が一の時の為にカードを利用できる状態にしておきたい人にとって、カードがブラックリストになることは避けたいと考えるかもしれません。

たとえば、債務整理を検討しているものの、ブラックになってしまうのが気になって債務整理手続きに二の足を踏んでいる方はいないでしょうか?

しかし、債務整理を検討するほど借金問題に悩んでいる状態であれば、信用情報に傷がつくことを恐れて債務整理できないでいると、さらに事態が悪化してしまうことになりかねません。

早めに手続きをしていれば、生活への影響が少ない任意整理を選択できたにも関わらず、二の足を踏む時間が長く、その間に事態が悪化してしまい、債務整理を決断した時には自己破産しか選択できなくなってしまうおそれもあります。

現段階で、「このままの返済に限界が来てしまいそう」、「クレジットカードや借入が無いと返済ができない」といった状況であれば、ブラックリストに載ることを恐れることよりも、債務整理をする勇気を持つことのほうが大切です。

また、債務整理によりクレジットカードが利用できなくなっても、デビットカードを利用してネットショッピングができる状況を継続する、などという対策を取ることもできます。

ブラックリスト入りをしても、影響の出る事柄に対して対処法を講じていけば、生活への不安・不便も解消していけるはずです。

借金問題でお悩みの方は、弁護士などの専門家に相談して、自分にとって一番いい方法は何か確認してみましょう。