借金問題解決!「知らなきゃ損」毎月の借金返済を少なくする方法

  • 公開日:

借金問題解決できた

今、奨学金や住宅ローンなどの返済に困り、借金問題を抱えている人が増えています。
借金問題を抱えていると、自分を見失ってしまいがちです。

・知らない番号から電話がかかってくるとすごく嫌な気持ちになる
・借金のことが気になって何をしていても心の底から楽しめない
・相談したくても友人や知人には借金の相談をする勇気がない
・毎月の請求や支払額を見るのが怖い

こんな状況に長い間置かれたら誰だって物凄いストレスですよね。
借金を返済しても返済してもクビが回らない状況の中で、自殺や犯罪行為が頭をよぎる人も少なくないでしょう。

借金を0にするのと減らすのは同じように思えて違います。
借金をなくすためには自己破産しかありませんが、借金を減らすための選択肢はたくさんあるんです。
返済できない程の多額の借金を抱えていると、きちんと借金を返済しないといけないと考えている間は辛いですが、一度返済できない現実を受け入れると解決策はおのずと見えてきます。

今の状況から少しでも早く抜け出したい!!

でも・・・どうすればいいのかわからない。
借金問題でこのようなジレンマを抱えている人は多いと思います。

もし宝くじで3億円当たれば一発逆転ができるかもしれませんが、その可能性はあなたが知っている通り、限りなく低いです。

しかし!!

想像してみてください。

もし、利息が発生せずに元金のみの支払いになったら・・・。
もし、今のあなたの借金返済額が10分の1になったら・・・。
もし、今の借金がなくなって返済の必要がなくなったら・・・。

少なくとも今の状況からは抜け出せると思いませんか?

実は上記のような状態は宝くじのような夢物語でもなんでもなく、実際にあなたが行動さえすれば確実に手に入れることができる未来です。債務整理という国が与えている借金問題から抜け出す解決策(救済措置)と言ってもいいかもしれません。

これは難しい話ではなく今このサイトを読んでいるあなたがそのままの状態ですぐに取り組むことができる方法です。後ろ向きにならずに正々堂々と人生をやり直す一歩を踏み出しましょう。

では実際に今あなたの抱えている借金をいくら減額できるのか?
弁護士法人天音総合法律事務所の「借金の減額診断」で、それを知ることができます。

一体どのようなサービスなのかというと・・・

・借入金額
・借入期間
・現在の返済状況

上記の質問事項に回答し、お住いの都道府県、年齢、連絡先、お名前(匿名可)を入力していただければ、天音総合法律事務所から詳細をお伝えさせていただきます。

あなたは上記の質問事項を入力し、天音総合法律事務所から連絡が来るのを待っているだけで、毎月の借金返済を楽にするための解決策を知ることができるのです。

債務整理を行いたいという場合にはその後弁護士に借金問題の相談をして、手続きを依頼できます。

借金問題を解決できる債務整理とは?

借金問題が深刻になり、返済が滞ってくると貸金業者から一括返済を請求されることがあります。
でも月々の返済ができないのに一括返済なんかできるわけがないですよね・・・。

もし、借金の一括返済ができない状況で一括返済の請求が来たら放置・・・してはダメです。
借金の一括返済が来るような過酷な状況では何もかも投げ出したくなる気持ちはわかりますが、一括返済の請求を放置しても何もいいことはなく、事態は悪化する一方です。

借金の一括返済ができない場合でもとにかく貸金業者の連絡は無視してはいけません。
精神的に追い詰められ、貸金業者とのやり取りができない場合はまず弁護士に相談しましょう。

借金の一括返済ができない場合は債務整理があなたにとっての切り札になります。

借金問題を解決するにあたって誰にも知られたくない!人は多いです。
内緒にするため周囲に相談もできず、借金問題を抱えてしまう傾向にあります。

では、そんな借金問題を解決に導く債務整理相談の流れについてご紹介しましょう。
債務整理には大きく分けて二つの方法があります。

①これまでに払い過ぎていた借金を取り戻す過払い金請求
②借金返済を行う方法

過払い請求は、借金返済の間に支払い過ぎていた利息を取り戻すという手続きですが、その他の債務整理の方法はいくつかの手続きにさらに分かれますので債務整理の種類と特徴を下記の表で確認してくださいね。

債務整理方法 任意整理 個人再生 自己破産
裁判所 ×
借金減額幅
成立の条件 各債権者との合意 債権者の過半数の同意
ブラックリスト(金融事故情報)
官報への掲載 ×
住宅・車・資産への影響 ×
減額結果 利息制限&将来利息カット 20%以上の弁済 支払い義務の免除
できる人 安定収入が必要 安定収入が必要 なし

このように表で債務整理の特徴を見ると、なんとなくイメージは湧きますが、実際にあなたが債務整理をするとなると、「じゃあ自分にとって一番最良な借金問題の解決方法がわからない!」という人が多いのではないかと思います。

また、実際にどの借金返済方法がベストなのか?や家族や周りに秘密で行う・取り立てはすぐにストップできるのか?費用はいくらかかるのか?はケースによって様々です。

債務整理の相談を気軽にするなら

借金問題を早く解決したいけど、債務整理をすることをすぐには決められない。一度弁護士に相談をしたら依頼することになってしまうのでは・・・。

このような不安がある方もご安心ください。「借金の減額診断」を行ったり、弁護士に相談をしたりした場合でも、必ず債務整理をしなければいけないわけではありません。債務整理をするかはあなた自身が決めることができます。

天音総合法律事務所では、債務整理に関する相談を無料でお伺いしていますので、まずは「借金の減額診断」をお気軽にご利用ください。

借金問題を弁護士に相談して解決するメリット

借金問題を抱えている人の多くは借金に対する後ろめたさを持っています。
なので、借金問題を他の人に相談することを恐れている傾向にあります。
そのため、一人で問題を抱え込んでしまうのです。

実際に、家族や友人、仕事仲間に相談をしても解決することは少なく、逆に自分の評価を落としてしまうという結果になってしまいますし、Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトに借金問題に関する投稿をしても「原因を解決しないとまた繰り返すだけ」など借金問題を解決するためのアドバイスというよりかは借金が返済できない状況に陥ってしまった人間への非難が多いです。

つまり何が言いたいかというと、借金問題を身近な人やネットの住人に相談して慰められたり、応援してくれるなど気持ちが楽にはなるかもしれませんが、具体的な解決にはならないのです。

しかし、借金問題を解決するためには「どのように返済をしていくべきか?」ここを考えなければいけません。
弁護士に相談をすれば、法的な手続きによって借金を減らす方法を知ることができ、借金問題が解決するまでにどれぐらいの期間がかかるのか、といった借金問題を解決するための具体的な解決策を相談することができます。

これがやはり借金問題を弁護士に相談する最大のメリットと言えるでしょう。
過払い金がいい例ですが、知らないと損をすることが世の中には多いことに気が付くと思います。

解決が難しい・できない借金問題

上記の闇金からの借金のように一般的な債務整理手続きでは解決が難しい借金問題があります。債務整理では、任意整理・個人再生・自己破産といった借金減額もしくはゼロにする方法がありますが、それでも解決できない借金問題があるということですね。

例を挙げると、各種税金・損害賠償・婚姻費用・養育費・罰金などです。
このような負債を非免責債権と言います。
特に税金は誰もが支払わなければならないもので、借金問題を抱えているとどうしても後回しになり、滞納してしまう人が多いので注意が必要です。

税金の滞納についてはより詳しく紹介しているので参考にしてください。

【参考記事】
滞納している税金も債務整理をすれば払わなくてもいい?

もし税金による滞納があり、債務整理を検討しているなら債務整理の前に税金の支払いは少しでも多く払っておくことをオススメします。借金問題を抱えていると税金の支払いは後回しする人が多いですが、それは反対で、滞納している税金こそ優先的に支払いをしておくべきです。

非免責債権の借金を抱えている場合、弁護士に借金問題の相談をしたとしても減額したり、ゼロにするのは不可能です。例え自己破産をしても非免責債権の支払い義務が免除されることはありません。

では、このような非免責債権が支払えない場合どうなるのかというとまずは差し押さえで不動産・動産・債権が差し押さえられることになります。それでも支払えない場合は給与の一部が差し押さえられます。

このように非免責債権の支払いから逃れることは不可能なので非免責債権がある場合は借金問題とは分けて解決方法を探らなければいけません。

借金問題解決のためのQ&A

借金,疑問

当サイトでは、借金問題を抱えている際によくある疑問や、
それぞれの債務整理の手続きで気になる疑問を詳細記事でまとめています。
ここからは、よくある質問と参考記事を紹介しているのでより詳しく知りたいと思ったら各記事の情報を参考にしてくださいね。

債務整理は誰にもバレずに手続きできますか?

借金問題を家族や職場に内緒にしている人は多いと思います。

なのでできれば誰にもバレずに解決したいですよね。

すでに紹介したように債務整理の方法はいくつかあります。

どの債務整理の手続きを選択するか?によってバレるリスクは変わります。

結論を言えば、自己破産>個人再生>任意整理の順番で、借金を減額できる金額が大きくなればなるほどバレるリスクは高くなります。

任意整理の場合は、注意さえすればほとんど家族や職場にバレることはありません。

債務整理をするとブラックリストに載る?

債務整理をするとどの手続きでも個人信用情報に事故情報が登録されてしまいます。

いわゆるブラックリストに載った状態ですね。

どの手続きを取るか?によって事故情報が掲載される期間は異なりますが、5年~10年の間は登録されたままになっているのでその期間はクレジットカードを作ったり、住宅ローンを組んだり、キャッシングをしたりなど新たな借り入れができなくなります。

しかし、この期間に現金主義で生活をすることは生活を立て直す意味でもメリットがあります。

貯金もできて安定した収入もあれば事故情報が消えてから住宅ローンを組むことも可能です。

債務整理をする場合の弁護士費用はどうする?

借金問題を抱えていると、弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると言っても支払うお金が手元にない方も多いのではないでしょうか?

しかし、実際に債務整理を経験している方も同じような状況から依頼しています。

なぜか?と言えば、弁護士費用の支払いは分割払いや後払いで対応してもらうこともできるからです。

また、債務整理の手続きを専門家に依頼して受任通知が債権者に送られると、その段階で借金問題が解決(和解)するまで借金の支払いが一時的にストップします。

つまり、これまで月々の返済に充てていたお金を弁護士費用に回すことが可能になります。

なので今手元にお金が全くないケースでも専門家に債務整理の依頼ができるのです。

車や家を残したまま債務整理できる?

借金問題を解決したいけど、今住んでいる家や車は生活のために残したい!
このように考えている方はとても多いと思います。

債務整理の手続きでも自己破産では上記のような資産を残すのはほぼ不可能です。
(財産価値が低い車の場合は残せる可能性がある)

任意整理や個人再生の場合は一定の条件をクリアすれば残せます。

なので車や住宅を残したい場合は任意整理か個人再生の手続きをする方がほとんどです。

債務整理の手続きは誰でもできる?

債務整理の手続き自体は誰でもできます。

しかし、収入状況や借金の理由によっては債務整理の手続きを行っても「債権者と和解できない」「裁判所から免責が下りない」といった事情で借金問題の解決には至らない場合もあります。

この点は、個々の収入状況や借金の状況によって変わってくるので自分で判断せずに弁護士に相談してみましょう。

催促が凄いけど債務整理は間に合う?

借金問題を放置していると、内容証明による一括請求の通知や裁判所からの特別送達で支払督促が送られてくるケースがあります。「支払えと言われても支払うお金がない!」と放置してしまう人もいるかもしれませんが、催促や一括請求を無視しても借金問題は一向に解決できません。

むしろ、放置すればするほど状況は悪化してしまいます。

支払うお金がないからこそ、早めに対応をしなければいけません。

でないと選択できる債務整理の手続きが限られてしまったり、強制執行によって財産や給料を差し押さえられてしまいます。

すでに支払督促や一括請求の通知が届いているけど返済できない場合はすぐに専門家に相談して債務整理の手続きを検討しましょう。