弁護士紹介

弁護士 林田 悠希

第二東京弁護士会所属
アソシエイト

「弁護士だから」ではなく、「一人の人間として」信頼されたい。

メッセージ

法律の世界にある“人間味”に惹かれて

私は、法律家を題材にしたドラマがきっかけで法律に興味を持ち、法学部に入りました。勉強する前は法律に対して「厳格で冷たいもの」というイメージを抱いていたのですが、実際に学んでいくうちに印象が変わりました。当時、法律の無かった自動車走行中の幅寄せに対し、裁判所が“暴行罪”と判断したのです。かなり無理のある解釈ではありますが、処罰しないわけにはいかない場面において、世の中のニーズに合わせて合理性をもって新たな解釈をしたのを見て、法律はある種の人間味があるものだと知りました。

そして、より深く法律とかかわることのできる弁護士という職業を志すようになりました。依頼者の方の立場になって、一見不合理に思えても何かしらの根拠を立てて主張していけるところに魅力を感じています。思い通りに手続きが進むよりも、依頼者の方が満足されることが、私の何よりのやりがいです。

手当てと同じくらい、“予防”にも力を入れていきたい

身の回りの人に悩みを話すことで共感してもらえることはありますが、弁護士に話せばさらに具体的な方針や解決策が見えてくることがあります。私の場合、ご相談に来た方に、可能な限りその場で一定の結論を出すことを心がけています。後に深く検討していくにしても、ひとまず方針などをお伝えするスピード感を重視しています。

案件の解決には、やはり依頼者の方からの信頼が大切だと考えます。弁護士だからではなく、一人の人間として信頼される弁護士が理想です。話し方・声色などを含めて安心できる雰囲気を心がけたことで、依頼者の方が徐々に心を開いてくださり、何でも話していただけたときはうれしく思います。

弁護士として、世間一般に向けた啓発活動を行うことにも興味があります。例えば、日ごろ相談を受ける中で、個人的にやりきれない思いになることの多い消費者問題。対策として「クーリング・オフ」という制度があることは知られていますが、それに期限があることを知っている方は多くありません。トラブルに遭ってからの手当てと同じくらい大切な、事前の“予防”を促すことにも力を入れていきたいです。

プロフィール

弁護士 林田 悠希

出身地
福岡県
出身大学
明治大学法学部
東京都立大学法科大学院
資格
弁護士
所属弁護士会
第二東京弁護士会
主要取扱分野
債務整理・交通事故・一般民事(貸金返返還請求、損害賠償請求等)・刑事事件・消費者被害(詐欺被害、消費者契約法、特定商取引法等)・離婚関係(離婚、不貞行為等)・相続関係(遺産分割協議、遺言書作成、相続放棄等)
趣味・特技
ギター

弁護士一覧に戻る