弁護士紹介

弁護士 道口 学

第二東京弁護士会所属
アソシエイト

弁護は頭だけじゃない。大事なのは人情だ。

メッセージ

ご相談者様は“困りに困っている”人

私は今でこそ弁護士として活動していますが、これまでの人生で失敗をたくさんしています。大学生の頃、音楽制作に夢中になり、留年や休学で3年ほど回り道をしてしまいました。就職活動もうまくいかず、卒業の際も内定が一社もないありさまでした。他にも、その日暮らしの生活を1年くらいしたり、とにかくいろいろと失敗しています。

しかし私は、失敗は必ずチャンスにつながると信じています。留年したのが幸いし、ちょうど大学卒業のタイミングで法科大学院制度ができ、弁護士になることができました。数々の失敗を重ねましたが、おかげで本当に困っている方の心情がいっそうよく理解できるようになりました。弁護士になってからは、困っているご相談者様の味方になって思いつく限りの戦略を練り、将来へ希望をつなぐことにやりがいを感じています。

これまで、尊敬できる弁護士の先生に何人も出会いましたが、その頭の良さには舌を巻くばかりでした。彼らを目標にし、私も知識のアップデートを続けています。そのように努力する一方で、別の面でも自分の良さを生かしたいと思っています。私は人情味で勝負です。弁護士事務所に来られるご相談者様は、ただ単に困っている人ではありません。困りに困って、本当にどうしようもなくなってしまったので来られているのだと思います。そんな方にできる限り寄り添っていきます。

「相談するなんて恥ずかしい」をほぐしていく

法律相談の現場には、さまざまな感情が現れ、入り乱れます。怒り、後悔、過去の失敗と向き合わなければならない辛さ、「相談するなんて恥ずかしい」という思いなどです。私の最初の役目は、このような気持ちを解きほぐしていくことです。それには、ご相談者様が怒っていたら私も怒り、悲しんでいたら、私も悲しむ。弁護士も一緒の気持ちになることが大事だと思います。

最初にお話ししたように、私自身、人生における失敗を何度も経験しているので、法律相談にいらっしゃる方のお気持ちはある程度分かるつもりです。もちろん、法的に有利な手続きをするため必要な事実関係は冷静に聞いていきますが、何よりもまず、ご相談者様のお気持ちを理解し、ご相談者様の味方になりたい、そのためにはどうすべきかということを考えながら、毎回法律相談に臨んでいます。

今後やってみたい法分野はたくさんありますが、どの分野にするにせよ、専門性を身につけていきたいです。法テラスに長く勤務していたこともあり、私は主に個人、それも弱者や被害者、労働者側の代理人になることが多いです。借金問題、離婚、交通事故、相続などはよく取り扱っている分野であり、単純なように見えて奥が深いので、それらを深く掘り下げ、いずれは個人事件のスペシャリストになりたいと思います。

プロフィール

出身地
千葉県
出身大学
北海道大学法学部
中央大学法科大学院
資格
弁護士
所属弁護士会
第二東京弁護士会
主要取扱分野
債務整理・交通事故・一般民事(貸金請求、売買代金請求、その他損害賠償請求等)・労働事件(解雇無効確認、残業代請求等)・不動産関連事件(建物退去請求、土地明渡請求等)・離婚やそれに関連する事件(婚姻費用、養育費、財産分与、面会交流、親権者変更、子の引渡し、監護者指定、慰謝料請求等)・民事執行・民事保全事件(差押、仮差押、仮処分)・刑事事件・少年事件(弁護活動・少年の付添人活動・告訴・告発状の作成等)
趣味・特技
読書
好きな言葉
『すべての事はチャンスと思え』
『行動の手数を増やせ』

経歴

  • 地方法テラス法律事務所(債務整理・家事・労働・その他一般民事)(2009年1月~2012年9月)
  • 山口県弁護士会 弁護士会照会委員会 委員(2009年1月~2012年9月)
  • 山口県弁護士会 刑事弁護委員会 委員(2009年1月~2012年9月)
  • 地方法テラス法律事務所(債務整理・家事・労働・その他一般民事)(2012年10月~2016年2月)
  • 静岡県弁護士会 雇用と暮らしに関する委員会 委員(2012年10月~2016年3月)
  • 静岡県弁護士会 刑事弁護委員会 委員(2012年10月~2016年3月)
  • 静岡県弁護士会 綱紀委員会 委員など (2016年4月~2018年9月)
  • 一般IT企業(法務部等に所属)(2018年10月~2020年5月)
  • その他、浜松国際交流協会、湖西市商工会議所で講演等

弁護士一覧に戻る