弁護士紹介

弁護士 後藤 康治

第一東京弁護士会所属
アソシエイト

お金は“物理的な原因”。だから、取り除ける。

メッセージ

誤解されるようなことは言わない

自分の資質では、論理的に考えるのが得意という点が弁護士に向いていると感じます。この仕事では、業務の重要な部分で徹底的にロジカルに考える必要があるので、この長所を生かせています。

ご相談者の方に対しては、常に誠実な態度で接し、誤解されるようなことを言わないように心がけています。例えば、法律上制限があってできない可能性があるのにできそうと言ったり、たとえ裁判で勝てそうな見通しがあっても、「確実に勝てます」と言ってしまったりすることです。もちろん、ご相談者の方には安心してもらいたいという気持ちはあるのですが、実際に100%確実なことなど何もありません。その点は誠実でありたいと思っています。

仕事をしていてうれしいのは、関係者が大勢いて、全ての当事者が納得できる解決に導けたときです。ほとんどの場合、一部の人にはどうしても不満が残ります。それぞれが目指す譲れない点がお互い重なってしまうと難しいので、こうしたケースは少ないのですが、だからこそ余計にうれしく感じます。

破産手続きの案件を解決に導く

現在興味があって取り組んでいるのは、破産手続きに関する案件です。理由は、お金で困っている人の悩みを端的に解決できるからです。困っている人は、精神的に困っているか、物理的に困っているかのどちらかです。精神的に困っているケースは、離婚問題を抱える人などで、目に見えない人間の感情などが原因と言えます。一方、物理的に困っている人には実体のある原因があり、それを取り除くことで救うことができます。物理的な原因の最たるものがお金で、その極限状態が破産です。お金に関する問題は、目に見えて結果が分かる点も私の性格に合っています。

今後も破産手続きについては力を入れていきます。一口に破産手続きといっても、ご相談者の方によって内容や事情は異なりますが、どのような経緯であっても、論理的思考と誠実さで、それぞれの案件をしっかりと解決に導いていきます。

プロフィール

弁護士 後藤 康治

出身地
東京都
出身大学
法政大学法科大学院
資格
弁護士・高等学校教諭一種免許状(公民)
所属弁護士会
第一東京弁護士会
主要取扱分野
債務整理・交通事故・法人破産・離婚関係(離婚、面会交流、不貞行為等)・相続(相続関係調査、遺産調査、遺産分割、遺言作成、相続放棄等)・一般民事(債権回収、損害賠償等)・執行・刑事事件
趣味・特技
映画・漫画・ライブ

弁護士一覧に戻る