弁護士紹介

弁護士 辰己 健心

第二東京弁護士会所属
アソシエイト

納得できるまで、とことん調べ上げたい。

メッセージ

弁護士の仕事は、お互いの落としどころを見つけること

私は弁護士として、状況を分析する能力・物事を正確に細分化して理解する能力に長けていると自負しています。基本的には、調査をすればするほど案件に対しての認識の程度が上がり、精度の高い答えを導き出してよりよい結果を出すことができるので、私の持てる時間や体力の限りを尽くして調べ上げるつもりで日々担当する案件に臨んでいます。

明確に「どちらか一方が悪い」と言い切れる案件の場合には弁護士が間に入る必要はないため、弁護士が介入する案件は、当事者同士では折り合いがつかなかったものということになります。法律での紛争解決は、究極的にいうと損害賠償などの “お金”です。しかし、損害の価値は明確に計算できない要素で決まることが多いため、弁護士の仕事とは、調査を尽くした上で、お互いの落としどころを見つけていく作業なのではないかと考えます。

弁護士に相談して状況が悪くなることはない

私の理想とする弁護士像は、“結果にかかわらず、依頼者の方を満足させられる弁護士”です。弁護士は、100%結果を保証できる立場にない以上、目指すべきなのは、結果よりも依頼者の方の満足度を高めることだと考えます。そのために、依頼者の方には正直に対応したいし、正直に対応してもらえるようにしたいです。なぜなら、細かいことが一つ違うだけで対応に影響が出る可能性があるためです。そのようなズレを無くすためにも、私も日ごろから、信頼してもらえるような説明や話し方を心がけるようにしています。

経験上、弁護士に相談するだけなら、それで状況が悪くなることはまずありません。相談の結果、弁護士なら解決できそうな案件の場合は依頼をお勧めして、反対に、お引き受けできない案件の場合は、相談者の方がご自分でできそうなことをお伝えしています。話すことで方向性が見えてくると思うので、困ったことがあったらお気軽に相談してください。

プロフィール

弁護士 辰己 健心

出身地
兵庫県
出身大学
関西学院大学法学部
神戸大学法科大学院
資格
弁護士
所属弁護士会
第二東京弁護士会
所属委員会
弁護士業務センター
参加団体
東京PL弁護団
主要取扱分野
債務整理・交通事故・一般民事事件(貸金請求、売買代金請求、その他損害賠償事件等)・不動産(賃料請求、明渡請求、賃料増減額請求、引渡請求、登記請求、請負代金請求、契約解除、共有物分割請求、損害賠償請求等)・家事事件一般(遺言、遺言執行、遺産分割その他相続、離婚事件、婚姻費用・養育費請求、面会交流、不貞慰謝料請求、成年後見その他の家事審判事件等)・その他一般民事
好きな言葉
『天網恢恢疎而不失』 

弁護士一覧に戻る