弁護士紹介

弁護士 飯田 秀之

第一東京弁護士会所属
東京本店副所長

弁護士の使命を忘れず、あらゆる案件を解決したい。

メッセージ

「人のため」という先輩の言葉に引かれ弁護士に

弁護士に興味を持つようになったきっかけは、子どものころにやっていた弁護士が主人公のゲームです。その後、高校の夏休みの課題で職業インタビューがあり、OBの弁護士を紹介していただきました。インタビューした弁護士の「人のため」という言葉が印象に残っています。弁護士に対する漠然とした興味が具体的な目標に変わった瞬間でした。

天音総合法律事務所はさまざまな案件に取り組めることに加え、代表の「町医者のような弁護士を目指す」という考え方が事務所全体に浸透しています。弊所には、数多くの弁護士が在籍しており、弁護士同士コミュニケーションを取りやすい環境にあります。また、人柄が良い弁護士ばかりなので、どんなに忙しそうにしていても話を聞きに行くと、嫌な顔一つせず対応してくれます。

理解していただくまで、何度でも説明する

相談の際は、緊張されている方が多いので、親しみやすい雰囲気と分かりやすい言葉でお話しするように心がけています。日ごろよく使う言葉に直して相手の表情や声色をうかがいながら話を進め、ご相談者様の理解が追い付いていなさそうだと感じた時は何度も例を交えて説明します。お話をしっかり聞くのはもちろん、なかなか自分から話をしてくれない人にはこちらから聞く。そんなことを心がけていると、ある時「お話しできて、心が軽くなった」との言葉をいただきました。大したことはしていないのですが、弁護士の使命や責任の大きさを改めて自覚した出来事として、非常に印象に残っています。

私のモットーは「人に優しく、自分にも優しく」です。争いごとはなるべく避けたい性格なので、問題を回避したり、争いを速やかに解決したりという点で自分は弁護士に向いていると思います。理想としているのは、ご相談者様に寄り添い、幅広い分野に対応し最大の利益を追求できる弁護士です。特に分野を絞ることはせず、ゼネラリストとして、さまざまな案件に対応していきたいと思います。

プロフィール

弁護士 飯田 秀之

出身地
神奈川県
出身大学
創価大学法学部
創価大学法科大学院
資格
弁護士・行政書士・宅地建物取引士
所属弁護士会
第一東京弁護士会
所属委員会
倒産法研究部会
主要取扱分野
債務整理・交通事故・離婚関係(離婚、面会交流、不貞行為等)・相続関係(遺産分割協議、遺言書作成、相続放棄等)・消費者被害(詐欺被害、消費者契約法関連等)・刑事事件
趣味・特技
ゴルフ・テニス
好きな言葉
『情けは人の為ならず』

弁護士一覧に戻る