弁護士紹介

弁護士 山本 綾

第二東京弁護士会所属
アソシエイト

「自分が依頼者ならこの人に頼みたい」、そう思える弁護士に。

メッセージ

卒業アルバムの「将来なりたい職業」はずっと弁護士

子どもの頃、親族の間で金銭に関する争いがあり、それを間近で見ていました。そのため子ども心に「困っている親を助けたい」という気持ちがあり、その頃から漠然と弁護士になりたいと考えていました。自分に知識があれば助けられるのではないかと思ったのです。成長してもぶれることはなく、友人いわく、小・中・高と全ての卒業アルバムの「将来なりたい職業」に弁護士と書いていたそうです。

私の長所は、全く人見知りをせず、どのような方とも話ができることです。弁護士は話を聞けないことには仕事になりません。基本的ですが、非常に重要なことだと思っています。人から見ても話しかけやすいところがあるようで、街中でよく道を聞かれたり、知らない人から話しかけられたりします。「他の人に話せなくてもあなたには話せる」と言われることも多く、法律的な知識も当然必要ですが、そのような雰囲気もこの仕事には意外と重要な要素だと思います。

ご依頼者様の生活が無事なら、それだけで満足

私の理想の弁護士像は、弁護修習を担当してくださった時の弁護士の先生です。見た目は英国紳士然としていながら中身はとても朗らかで、ご依頼者様にも気さくに話を聞き、また話を引き出すことが得意な方でした。善し悪しの基準も納得できるもので、「自分が依頼者ならこの人に頼みたい」と思える、弁護士としての基本や礼儀・礼節を叩き込んでくれた方でした。

格好をつけているわけではないのですが、特にご依頼者様に感謝していただかなくても、ご本人が無事に生活できているのを実感できるだけで、満ち足りた気持ちになります。成年後見の案件を長くやっていた影響かもしれません。自分としては当然のことをやっているだけですし、ご依頼者様が満足して、私自身「しっかり依頼に応えられた、いい仕事をしたな」と思えれば、それで十分です。

これからも特定の分野に絞らず、どのような案件でも取り組みます。どの案件でも、ご依頼者様の生活を整え、再出発へと導くものには変わりありません。ご依頼のあった案件を一つ一つ着実に解決していきます。

プロフィール

弁護士 山本 綾

出身地
北海道
出身大学
早稲田大学法学部
資格
弁護士
所属弁護士会
第二東京弁護士会
主要取扱分野
債務整理・交通事故・成年後見(後見、保佐、補助)・相続(相続関係調査、遺産調査、遺産分割、遺言作成、相続放棄等)
趣味・特技
読書・ピアノ・ゲーム

弁護士一覧に戻る